【ドラマがいいね!】珠玉のドラマ探訪16『お父さんが変』

韓国KBSで放送された『お父さんが変』(原題)は、視聴率が30%を超えるほど大ヒットした。親子の葛藤をユーモラスに描いたホームドラマは『ソル薬局の息子たち』『母さんに角が生えた』など鉄板のジャンルだが、『お父さんが変』がここまで面白いのは、3人の個性的な俳優が光っているからだ。

 

個性的な俳優キャスト
ここで紹介したい3人とは、キム・ヨンチョル、キム・ヘスク、イ・ユリだ。
夫婦を演じているのがキム・ヨンチョル(ハンス役)とキム・ヘスク(ヨンシル役)で、娘のヘヨンに扮しているのがイ・ユリだ。
まずはキム・ヨンチョルから。
『王女の男』で世祖(セジョ)を演じた彼の重厚な演技が忘れられない。胸に秘めた特別な思いを顔の表情で見せるときの演技力がピカイチだ。


『お父さんが変』でのハンス役も、死ぬまで明かせない重要な秘密を抱えているという設定。こういうキャラクターをキム・ヨンチョルにまかせればピッタリである。
さらに、彼の持ち味で惚れ惚れするのが、よく響く低音の声。彼のドラマを見るときは、ぜひ字幕で生声をじかに聞きたい。
次にキム・ヘスクについて。
彼女は、『冬のソナタ』のユジンの母親役があまりに有名だ。

このように、テレビドラマでは「良妻賢母」型の母親役を演じることが多いのだが、映画になると、一転してクセのある変わった女性の役が増える。
たとえば、『10人の泥棒たち』や『暗殺』。こうした映画で見せた怪しいマダムという役も、キム・ヘスクの巧みな演技力で実にサマになっていた。とても引き出しが多い女優なのである。


今回のキム・ヘスクはキム・ヨンチョルと一緒に夫婦役を演じているが、この夫婦は従来の韓国ホームドラマの中では、むしろ異色の組み合わせと言える。それは、「泥臭く演じても、どこかアカ抜けている」ということだ。
これは、2人の洗練されたセンスがうまくかみ合っているからに違いない。そういう意味では、夫婦役のベストカップルと言える。
3番目に取り上げたいのがイ・ユリだ。
『母さんに角が生えた』で娘を演じているときは、まだ世間を知らないあどけなさを見せていたが、その後は積極的に悪女を演じて強烈な存在感を示すようになった。
特に、『凍える華』で見せた冷徹な悪女の役は凄かった。

感情を押し殺しながら次々と標的を追い詰めていく演技は、イ・ユリの真骨頂とも言える。
そんなイ・ユリは『お父さんが変』では、4人きょうだいの二番目の娘役。職業は弁護士だが、イ・ユリが演じるだけに一筋縄ではいかない女性だ。とにかく自己中心的。こういう役をまかせたら、イ・ユリの表現力が一気に満開だ。彼女がつっぱる場面が、『お父さんが変』というドラマの中の一番の見せどころになっている。
キム・ヨンチョル、キム・ヘスク、イ・ユリ……とにかく、この3人が『お父さんが変』をグイグイと盛り上げている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

 

珠玉のドラマ探訪1『コーヒープリンス1号店』

珠玉のドラマ探訪2『華麗なる遺産』

珠玉のドラマ探訪3『無法弁護士』

珠玉のドラマ探訪14『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』

珠玉のドラマ探訪15『太陽の末裔』

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2021.12.01

blank