「BLACKPINK」、YouTubeチャンネル登録者数7000万人突破…世界1位しっかりキープ


「BLACKPINK」の公式YouTubeのチャンネル登録者数が7000万人を突破した。

全世界すべてのアーティストで初となる最多記録だ。

28日、YGエンターテインメントによると、「BLACKPINK」の公式YouTubeのチャンネル登録者数はこの日午前11時34分頃、7000万人を超えたという。2016年6月28日にチャンネルが開設されてから約5年5か月目の記録となる。

「BLACKPINK」は2020年7月、非英語圏アーティストでは初めて、“YouTubeチャンネル登録者数トップ5”にランクインし、強大な存在感を示した。その後、アリアナ・グランデ、エミネム、エド・シーラン、マシュメロ、ジャスティン・ビーバーら有名ポップスターを順番に追い抜き、ついに9月10日、YouTubeの世界最強者となった。

「BLACKPINK」はグループでもソロでも毎回新曲を発表するたびに、数百万人の新規チャンネル登録者数を確保し、急速に成長してきた。最近もLISAの初のソロアルバム「LALISA」が発表され、500万人以上の新規チャンネル登録者が流入。アーティストチャンネルのトップだったジャスティン・ビーバーとの差を350万人近く広げ、王座の地位を固めた。

「BLACKPINK」はYouTubeチャンネルだけで32作の億超え動画を輩出し、累計再生回数は213億回に達する。このうち最新曲のミュージックビデオ再生回数は急激な上昇推移をみせ、従来のヒット曲の人気も相変わらずだ。

特に、「DDU-DU DDU-DU」のミュージックビデオは17億回を突破。K-POPグループの最多再生回数の新記録を更新中。他にも「Kill This Love(14億回)、「BOOMBAYAH(13億回)」、「AS IF IT’S YOUR LAST(11億回)」、「How You Like That(10億回)」のミュージックビデオが10億回を超えている。

WOW!Korea提供

2021.11.28

blank