【公式】「BLACKPINK」のLISA、新型コロナに感染…残りのメンバー3人はPCR検査結果の待機中


ガールズグループ「BLACKPINK」のメンバー・LISA(リサ)が新型コロナウイルスの感染判定を受けた。

「BLACKPINK」の所属事務所YGエンターテインメントの関係者は24日、情報サイトEdaily(イーデイリー)に「『BLACKPINK』のLISAが本日(24日)午後、新型コロナウイルスの感染判定を受けた」とし、「3人の他の『BLACKPINK』のメンバーはまだ濃厚接触者に分類されていないが、LISAのコロナ陽性反応の通報を受け、ただちにPCR検査を行い、現在その結果を待っている」と伝えた。

これに先立ち同日午後、iMBCは「BLACKPINK」のメンバーROSE(ロゼ)が最近、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触し、自家隔離に突入したと報道した。このため今後予定されていたイベント日程に参加できなくなったと伝えた。

これに対してYGの関係者は「残りのメンバーたちは皆、まだ当局から正確に通報を受けていないため、濃厚接触者と確定して申し上げるのは難しい」と述べた。

以下、YGエンターテインメント側の立場全文

「BLACKPINK」のLISAは本日(24日)午後、新型コロナウイルスの感染判定を受けました。

3人の他の「BLACKPINK」のメンバーはまだ濃厚接触者に分類されていませんが、LISAのコロナ陽性反応の通報を受け、ただちにPCR検査を行い、現在その結果を待っています。

当社はまず感染内容を関係者に迅速かつ正確に共有し、保健当局の指針以上の厳しい先制的措置を執りました。

これからも所属アーティストと周辺スタッフたちの健康を最優先し、サポートを惜しまないつもりです。後ほど変動状況がありましたら、速やかにまたお知らせいたします。

WOW!Korea提供

2021.11.24

blank