ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェが『新しき世界』以来7年ぶりの共演!『ただ悪より救いたまえ』昭和風の任侠ビジュアル公開!さらに日本のアウトローたちから絶賛コメントも!! 昭和風の任侠コメントチラシ解禁

ⓒ 2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

韓国ノワールの傑作と語り継がれる『新しき世界』のコンビ、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェが7年ぶりの共演で話題を呼んでいる『ただ悪より救いたまえ』が12月24日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国公開いたします。(配給:ツイン)

ⓒ 2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

本編の80%以上を日本やタイなど海外で撮影し、韓国ノワールとしてかつてないほどの規模で製作された本作は、『チェイサー』『哀しき獣』などで類まれなるストーリーテリングの腕を知らしめたホン・ウォンチャンが脚本/監督を務めた。

また『パラサイト 半地下の家族』『哭声/コクソン』 のホン・ギョンピョ撮影監督により、主演二人の対決がスクリーンに激しくかつ美しく描き出されている。主人公インナム役は、韓国が誇る名優ファン・ジョンミン。

ⓒ 2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

インナムの命を執拗に狙うレイ役は、現在Netflixで配信されている「イカゲーム」で話題沸騰中のイ・ジョンジェが演じる。

新型コロナウイルス大流行後の韓国で、あの『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編『新感染半島 ファイナル・ステージ』をも超える動員を果たし大ヒットを記録!

世界56カ国で公開も決定している韓国ノワール・アクションの傑作が12月24日(金)に日本公開されます。

見ているだけでアツくなる?!狂気が燃え滾るコメントチラシ解禁! 

(表)

        (裏)

韓国ノワール・アクションの歴史に新たなページを刻む本作から、昭和風の任侠コメントチラシが公開された。公開されたビジュアルは、全体的にインナム(ファン・ジョンミン)とレイ(イ・ジョンジェ)の狂気が燃え滾っているような様子で、本作に出演している豊原功補や白竜の姿も。さらにキーパーソンとなるユイ(パク・ジョンミン)に加え、インナムの元恋人や娘もコラージュされている。

上部に入った「二人の狂気の激突は、東京、仁川、バンコクを阿鼻叫喚の戦場と化す!」というキャッチ―や、タイトルロゴのフォントからはどことなく昭和の任侠映画を感じる。

ⓒ 2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

また、公開に先駆け、本作をいち早く鑑賞した日本のアウトローたちから大絶賛のコメントが到着した!小沢仁志や山口祥行、大沢樹生など日本を代表する強面俳優や、悪役俳優ユニット“純悪”として人気を集める阿部亮平と山根和馬、女装パフォーマーのブルボンヌなど錚々たる面々。

こちらの昭和風の任侠コメントチラシは12/1(水)より順次劇場に設置されるため、見かけたら是非手に取っていただきたい。

◆小沢仁志(俳優)
男は死に様でモノを語る 理屈じゃねぇ
とにかく観な! 何の答えか分からんが真実はそこにある
◆本宮泰風(俳優)
”美しき狂気と哀しき暴力”そして”無機質な激情と無慈悲な報復”
その全ての悪が交錯した時、一欠片の愛が救われる。
◆山口祥行(俳優)
ただただ圧巻!オヤジ2人のバチバチのバイオレンスが凄まじい。情に気付いて突っ走るオヤジも、復讐に走るゴリゴ
リのオヤジも。どっちも好きだなぁ。俺は、この映画にビビらせられた。

◆大沢樹生(俳優・歌手・映画監督)
マジ良い映画だった!先ずはタイトルに惚れた。目を背けたくなるテーマだが背けてはならない映画である。同業とし
て嫉妬する映画だ!! 個人的に大好きなバンコクロケーションは華がある。

◆田口トモロヲ(俳優、ナレーター)
最強の暗殺者 vs 最悪の人殺し。コノ使い古された設定に新たな生命を吹込みアップデートしたネオ韓流ノワールの
怪作!出てるぜ白竜さん ナゼ殺し合うのかも忘却して爆走する地獄絵図‼︎でもアソコで手榴弾はヤバ過ぎでしょ⁉︎
◆阿部亮平(俳優/純悪)
ただ悪より救いたまえ。このタイトルに映画の全てが集約されている気がした。ファン・ジョンミンの哀しみの表情に引
き込まれ、イ・ジョンジェの執着心に引き込まれ。目が離せなかった。映画の中の 2 人の思いが最後にあのような結末
になったように思う。きっと何が正解かは見た人がそれぞれに感じる作品。

◆山根和馬(俳優/純悪)
恐怖とは何か…そこに映し出される他人はどうなってもいい「自分が生きる為には」。そんな人間の狂気さと愛の戦い
に侠を見た。

◆ブルボンヌ(女装パフォーマー)
悪漢たちが殺し合う血生臭い復讐劇なんて縁のない世界と思いきや。救いの女神の登場で一緒に巻き込まれた気に
なって、危ない男の色気に汗ばんじゃったわ!

◆深町秋生(ミステリ作家)
「スカーフェイス」のアル・パチーノ、「ブラック・レイン」の松田優作を思い出す。哀しき修羅たちの疾風怒濤の闘いに酔
え!
その他著名人のコメントは公式ホームページ、または昭和風の任侠コメントチラシにて!

12月24日(金)よりシネマート新宿、グランドシネマサンシャイン 池袋ほか全国ロードショー

【STORY】
腕利きの暗殺者インナム(ファン・ジョンミン)は、引退前の最後のミッションで日本のヤクザ、コレエダ(豊原功補)を殺す。コレエダは冷酷無比な殺し屋レイ(イ・ジョンジェ)の義兄弟だった。レイは復讐のため、どこまでもインナムを追いかけ、関わった人間を次々と手にかけていく。一方、インナムの元恋人はインナムと別れた後ひそかに娘を生み、タイで暮らしていたが、娘が誘拐され元恋人も殺されてしまう。インナムは、初めてその存在を知った娘を救うためタイに向かい、誘拐に関わったもの達を拷問し居場所を探す。レイもまたインナムを追ってタイにやってくる。そして二人の通った後には死体の山が出来上がる…。タイの犯罪組織や警察まで巻き込み壮大な抗争へと発展する。果たして、暴走する暗殺者と狂暴な殺し屋の運命の対決の結末は一体!

監督/脚本ホン・ウォンチャン 『チェイサー』『哀しき獣』(脚本)
出演: ファン・ジョンミン『ベテラン』、イ・ジョンジェ『新しき世界』、パク・ジョンミン『それだけが、僕の世界』
2020 年/韓国/韓国語ほか/シネスコ/カラー/108 分/提供:ツイン、Hulu 配給:ツイン 宣伝:スキップ PG-12
ⓒ 2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:tadaaku.com

2021.11.26

blank