<トレンドブログ>「2AM」、「BTS(防弾少年団)」の「Permission to Dance」をカバー…「週刊K-POPアイドル」


グループ「2AM」が、多彩な魅力を誇りました。

24日放送されたMBC M、MBC every1の「週刊K-POPアイドル」では、ミニアルバム「Ballad 21 F/W」のダブルタイトル曲「近くいて分からなかった(Should′ve known)」と、「No good in good-bye」で7年ぶりに帰ってきた「2AM」が出演しました。

2世代アイドルの代表走者である「2AM」はこの日、“その頃”の感性を懐かしがる視聴者のための思い出旅行をプレゼントしました。

芸能界代表感性ボーカルアイドルであるだけに、この日放送では長い間待ったファンたちのために特別な舞台をプレゼントしました。「2AM」は「Weekly Playlist」コーナーで、「BTS(防弾少年団)」のリズミカルな「Permission to Dance」を、彼らだけの感性でカバーして拍手を浴びました。

彼らは選曲理由の中の1つとして「BTS」との特別な縁を挙げました。 2012年にリリースしたチョグォンのソロ曲「Animal」に「BTS」のJ-HOPEがフィーチャリングで参加したためだそうです。 また、最近J-HOPEがファンクラブのプラットフォームで「2AM」の新曲を広報してくれ、これに対しての感謝の気持ちを込めたと伝えました。

特にチョン・ジヌンが直接編曲に参加して、原曲とは違った「2AM」だけの物静かな雰囲気とハーモニーを感じることができます。

感性アイドル「2AM」の甘美な声で再誕生した「Permission to Dance」と彼らのさまざまな魅力と、すべてのものは11月24日に韓国で放送された「週刊K-POPアイドル」で見ることができます。

WOW!Korea提供
韓国の最新トレンドを紹介するブログ | コリトピ

2021.11.24

blank