「ARMYは想像しただろう」BTS「AMA」初の大賞受賞


「BTS」(防弾少年団)が「American Music Awards(以下AMA)」で、デビュー後初のアジア歌手として初めて大賞のトロフィーを抱いた。

「BTS」は22日午前10時(日本時間)、米国ロサンゼルスマイクロソフトシアターで開催された「2021 AMA」に参加した。

彼らはこの日、大賞にあたる「Artist of the year賞」のトロフィーを受け、最高の位置に立った。

「AMA」は「Grammy Award」、「Billboard Music Awards」と共に米国3大音楽授賞式とされている。

「BTS」は2018年「AMA」で初めて「Favorite Social Artist賞」を受賞した。2019年には「Favorite Social Artist賞」をはじめ、「Favorite POP/ROCK DUO/GROUP賞」と「Tour of the Year賞」の3部門でトロフィーを抱いた。昨年は「Favorite Social Artist賞」と「Favorite POP/ROCK DUO/GROUP賞」の2部門で受賞した。

AMAの大賞である「Artist of the year賞」を受賞したのは今回が初めてだ。そもそもノミネートされたこと自体がアジア歌手として初めてのことだった。

「BTS」は、ドレイク、アリアナ・グランデ、オリビア・ロドリゴ、ザ・ウィークエンド、テイラー・スイフトら、世界的なポップスターたちと受賞をめぐって競った結果、受賞の栄誉に輝いた。

(2ページに続く)

2021.11.22

blank