【時代劇が面白い】時代劇の名作を振り返る8『トンイ』

苦しい局面でも前向きに生きるトンイがいい

 

トンイこと淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏と張禧嬪(チャン・ヒビン)の対立を描いた『トンイ』を紹介しよう。このドラマは、朝鮮王朝で一番有名な時代を描いており、同じテーマの作品はとても多かった。しかし、韓国時代劇の巨匠とも呼ばれるイ・ビョンフン監督の手腕によって、すばらしい出来になっている。

『トンイ』
殺人事件の濡れ衣を着せられた父の無念を晴らすために、トンイは下働きとして宮中に入りこんだ。事件を解決する手掛かりを必死にさぐる彼女は、ようやく事件を知る女性・張禧嬪(チャン・ヒビン)を見つけた。偶然、張禧嬪の窮地を救ったトンイは、彼女の信頼を得て、下働きの身分から出世していく。さらには、粛宗(スクチョン)の寵愛を得て王子を産むことに……。そんなトンイと張禧嬪の対立が物語を大きく動かしていく。果たして、トンイは張禧嬪の魔の手から逃れることができるのか。

放送日/2010年3月22日~2010年10月12日
放送局/韓国MBC(全60話)
演出/イ・ビョンフン、キム・サンヒョプ
脚本/キム・イヨン
出演(役名)/ハン・ヒョジュ(トンイ)、チ・ジニ(粛宗)、イ・ソヨン(張禧嬪)、ペ・スビン(チャ・チョンス)

 

時代劇の名作を振り返る1『朱蒙』

時代劇の名作を振り返る2『太王四神記』

時代劇の名作を振り返る3『善徳女王』

時代劇の名作を振り返る6『宮廷女官 チャングムの誓い』

時代劇の名作を振り返る7『ファン・ジニ』

 

コラム提供:韓流テスギ

http://tesugi.com/

2021.11.22

blank