”常習大麻容疑”チョン・イルフン(元BTOB)、控訴審でも「2年求刑」


検察が、麻薬使用容疑で起訴された韓国ボーイズグループ「BTOB」出身のチョン・イルフン(27)に対し、控訴審で懲役2年を求刑した。

18日、ソウル高等裁判所は麻薬管理に関する法律違反容疑で拘束されたチョン・イルフンに対する控訴審結審を開いた。

この日、検察はチョン・イルフンに懲役2年、追徴金1億2663万ウォン(約1000万円)を求刑した。

チョン・イルフンは2016年7月5日から2019年1月9日まで、裁判に引き渡された数人の被告と共謀して計161回にわたり1億3000万ウォン(約1100万円)を送金して大麻を購入し、吸引した疑いで検察に送致され、1審で懲役2年の実刑を宣告された。

これによりチョン・イルフンは即時、法廷で拘束された。その後、チョン・イルフンはすべての容疑を認めたが、量刑不当を理由に控訴した。

一方、チョン・イルフンは2012年、ボーイズグループ「BTOB」のメンバーとしてデビュー。2020年、大麻使用疑惑が浮上したことでグループを脱退した。

WOW!Korea提供

2021.11.18

blank