「インタビュー」ソン・スンホン&ソ・ジヘ ドラマ「夕食、一緒に食べませんか?」オフィシャルインタビュー

ソン・スンホン&ソ・ジヘ オフィシャルインタビュー

このドラマをご覧になる日本の皆さんにひと言ずつメッセージを
ソン・スンホン:このドラマを日本でもご覧いただけるのがうれしいです。
ソ・ジヘ:私も韓国ドラマの人気を実感できて、うれしく思っています。ぜひお楽しみください。

・この作品に出演してよかったと思った点や、自分が成長できた点、スタッフの印象などうかがえますか?
ソ・ジヘ:ステキな共演者やスタッフと一緒にいいドラマを作れたので、とても楽しい撮影期間でした。私が今まで演じてきたのは、都会的で知的な印象の役でした。でも今回のウ・ドヒ役を通して、明るくて、はつらつとしたキャラクターを、皆さんにお見せすることができました。だから出演してよかったです。それから、このような韓国ドラマを日本をはじめ世界に紹介することができて、非常にうれしく思っています。

ソン・スンホン:僕は今回、久しぶりに恋愛ドラマに出演しました。男女の関係がメインの物語です。今回の役を通じて、ときめきを感じられてよかったです。ジヘさんが演じたウ・ドヒは、彼女の今までの役と違って、明るくて、はつらつとしたキャラクターです。違った面を見せてくれたジヘさんと、共演できてうれしかったです。特によかったのは、作品を見た人からこの2人の愛が…“2人の姿を見ていてすごくときめいた” “あんな恋がしたい”と言われたことです。うれしかったです。

blank・この作品を選んだ理由はなんですか?魅力を感じた点は?
ソン・スンホン:まず多くの俳優は、シナリオを読んだ時の印象で出演作を決めると思います。この作品には主に4人の男女が出てきますが、特にウ・ドヒとキム・ヘギョンの関係がコミカルで面白いなと感じたんです。心に傷を負っているこの2人が、理解し合う関係になります。お互いを知らないまま食事をする仲になるなんて、面白い設定だと思ったんです。
“この作品は楽しく撮影できそうだ” 、そう思って出演を決めました。それにジヘさんが
相手役だからです(笑)。

ソ・ジヘ:私のほうは自分の違う面をお見せできそうだと思って、このドラマの出演を決めました。今までとは違うキャラですし、明るい雰囲気のドラマですからね。何というか…ラブリーな作品だと感じました。明るくて楽しい自分の一面をお見せできそうな気がしたのが、出演を決めた理由の1つです。それに…(笑)スンホンさんが相手役だと聞いたので、何というか…さらに、いい作品になりそうだと思ったんです。

(2ページに続く)

2021.11.18

blank