「コラム」韓国を理解する言葉の一つが「事大主義」

地政学的に見れば、朝鮮半島は常に大国に囲まれている。西に中国、北にロシア、東に日本、そして、その先にアメリカ。これほど多くの大国に囲まれた国というのは、世界でも朝鮮半島しかない。それだけに、小さな国が生き残っていくのは大変だ。

李成桂の反対論

「事大主義」という言葉を知っているだろうか。
これは、「物事をやたらと大きくする」という意味ではない(韓国にはそういう傾向の人が多いのは確かだが……)。本来は「大に事(つか)える」という意味で、小さな国が大国に従うことをさしている。
いわば、小国が生き残りを図る処世術なのである。

歴史的にも、朝鮮半島は事大主義で生き残ってきた。たとえば、高麗末期の1388年を見てみよう。
当時、随一の将軍だった李成桂(イ・ソンゲ)は、高麗王から、領土紛争をしていた中国大陸の明(みん)を攻めるように命令された。
しかし、李成桂は反対論を主張した。
「小さな国が大国に逆らってはいけません」
そういう論理だった。
(ページ2に続く)

芸能界での活躍を夢見る人の現状は?

サイトで楽しむ秋の韓国1「済州島のススキ」

『100日の郎君様』の主役2人は傑作にふさわしいベストカップル!

珠玉のドラマ探訪1『コーヒープリンス1号店』

【スターがブレイクした作品】『ドリームハイ』とキム・スヒョン!

2021.11.14

blank