【衛星劇場】 視聴率30%超えの伝説のドラマ「火の鳥」をリメイク!『火の鳥-運命のいたずら-』 衛星劇場にて 11月16日(火)より放送スタート!

©SBS

松竹ブロードキャスティング株式会社が運営するCS放送局「衛星劇場」では、視聴率30%超えの伝説のドラマ「火の鳥」をリメイクしたイルイルドラマ『火の鳥-運命のいたずら-』を、来週11月16日(火)から放送いたします。

©SBS

本作はオリジナル版と同じ脚本家イ・ユジンがイルイルドラマとしてリメイクし、登場人物のキャラクターはそのままに新たなキャストがさらなる魅力を吹き込んだ、すれ違う男女の人生の波乱を描く激情のラブストーリーです。

©SBS

火の鳥-運命のいたずら-

CS放送局「衛星劇場」にて 11月16日(火)放送スタート!
毎週(火) 後11:00~深1:30 ※4話連続放送
再放送 翌週(月) 後1:30~4:00 ※4話連続放送

©SBS

■番組情報
2020年/韓国SBS/全120話
[脚本]イ・ユジン
[演出]イ・ヒョンジク
[出演]ホン・スア、ソ・ハジュン、イ・ジェウ、パク・ヨンリン

視聴率30%超えの伝説のドラマ「火の鳥」が新たに甦る!オリジナル版と同じ脚本家イ・ユジンがイルイルドラマとしてリメイクし、登場人物のキャラクターはそのままに新たなキャストがさらなる魅力を吹き込む、すれ違う男女の人生の波乱を描く激情のラブストーリー!

©SBS

■ストーリー
財閥令嬢のジウン(ホン・スア)は、毛織会社であるソリン毛織の御曹司ジョンイン(ソ・ハジュン/二役)との政略結婚を控えていた。ある日、ジウンの交通事故をきっかけに出会ったセフン(イ・ジェウ)は恋に落ちる。ジウンの両親は、貧しい暮らしのセフンとの交際に猛反対するが、ジウンは妊娠し、2人は結婚する。しかし価値観の違いから2人の関係はギクシャクし、さらにジウンの流産をきっかけに離婚してしまうのだった。10年後、ジウンの父の死をきっかけに家は没落。ジウンは家事代行の仕事をしながら辛うじて生計を立てていた。そんな中、ジウンはかつて政略結婚するはずだったジョンインの双子の弟であるジョンミン(ソ・ハジュン/二役)と、運命的な出会いを果たす。積極的にアプローチしてくるジョンミンに心を開き始めるジウン。しかしそんなジウンの前に、元夫のセフンがソリングループのCEOとなり、現れる。死ぬほど愛していた過去がよみがえり、とまどうジウン。だがセフンの隣には、恋人のミラン(パク・ヨンリン)がいて…。

https://www.eigeki.com/series/14762

2021.11.12

blank