俳優キム・ジェウォン、「実は…ウェブトゥーン会社を運営中」


俳優キム・ジェウォンがウェブトゥーン会社を運営中だと明らかにした。

26日夜放送されたKBS 2TVバラエティ番組「屋根裏部屋の問題児たち」にはキム・ジェウォンがゲストとして出演した。

この日、キム・ジェウォンはウェブトゥーン会社を運営中だと明らかにした。彼は「製作流通のCP社の副代表を務めている。私たちがIP(知的財産権)を持って生産している会社だ。当初、イ・マルニョンさん、チュ・ホミンさんが私たちと協業した。私たちがウェブトゥーンという名前をほぼ初めて導入した。2014年に会社を建てた」とし、出演者たちを驚かせた。

キム・ジェウォンは漫画に対する愛情を見せて注目を集めた。彼は「私が漫画喫茶でアルバイトをしていた。総務をしていたが、マンガが好きだった。 コシウォンの下の階に漫画喫茶があった。1巻レンタルが500ウォンだったが、漫画喫茶の主人に腕相撲で勝ったら1巻100ウォンにしてくれと言った。私が勝った」と思い出した。

続けて、「漫画を1冊当たり100ウォンで見たが、これももったいなかった。 業務は朝して、漫画喫茶の主人に夕方には外に出てほしいと言った。漫画を無料で見れるようにしてほしいと言った。漫画喫茶の主人は止める理由がなかった。 そうしてすべての漫画を読んだ」と話した。これを聞いたキム・ヨンマンは「腕がとても良い」と感心した。

WOW!Korea提供

2021.10.27

blank