「イカゲーム」がバラエティだったら?、チャン・ドヨンやカン・ホドンを制しキャスティング1位となったのは?…アンケート調査が話題=一部あらすじ・ネタバレ


※一部あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

Netflixシリーズ「イカゲーム」の人気の中で、興味深いアンケート結果が出て注目を集めている。

Netflixは今月13日に公式ツイッターを通じて、「全世界の『イカゲーム』視聴世帯が1億1,100万人を突破し、Netflix創立以来最高の記録を樹立した」と明かしている。「イカゲーム」は456億ウォンの賞金が懸けられた謎のサバイバルに参加した人々が最後の勝者になるため、命をかけて極限のゲームに挑戦する物語。

それでは「イカゲーム」の中で、視聴者が最も好きな俳優はだれだろうか?また「イカゲーム」がバラエティ番組で作られるとしたら、視聴者たちはどんな出演陣が出ることを望むだろうか?

オンライン調査会社「Research1st(リサーチ・ファースト)」がアンケートサービス「GS&パネル」を通じて、20代から60代までの男女1,000人に“「イカゲーム」の出演陣の中で好きな俳優”について調査した結果、“イ・ジョンジェ(ギフン役)”が29.7%で1位を獲得した。

イ・ジョンジェは「イカゲーム」で分別がないが家族には限りなく温かい“ギフン”を演じた。“ギフン”は母親の金(カネ)を盗み競馬場に行くほどに分別がないが、アメリカに行くことにした娘や、病院の入院費が必要な母親のために、なんとか金を稼ぐために努力する人物。しかし彼は結局、度を越した借金に耐えられず“イカゲーム”のサバイバルに参加することになる。

(2ページに続く)

2021.10.25

blank