ドラマ撮影中の女優カン・イェウォン、新型コロナ感染…撮影日程とは重ならず


韓国女優カン・イェウォン(41)が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

25日、所属事務所J,WIDE COMPANYの関係者は「カン・イェウォンが新型コロナウイルスの検査を受けた結果、陽性判定が出た」と明らかにした。

所属事務所側は「カン・イェウォンが去る12日に受けた新型コロナウイルスの検査で陰性判定を受けたが、その後体調不良を訴えて23日に自発的に再検査を受けた。ここで感染判定が出た」と伝えた。

カン・イェウォンは最近、JTBC新ドラマ「一人だけ」の撮影中だ。これに関して、所属事務所側は「撮影がない週に感染判定を受けたため、日程は重ならなかった」と説明した。

特に、カン・イェウォンは新型コロナウイルスのワクチン接種を完了した状態だったこともわかった。カン・イェウォン本人も自身のInstagramに「皆さん気を付けて。2回目の接種まで受けたのに」と心境を吐露した。

WOW!Korea提供

2021.10.25

blank