ソン・ジュンギ&スジ(元Miss A)が韓流演技者賞&キム・ソンホの活躍ぶりも紹介&坂口健太郎の受賞も=「ソウルドラマアワード2021」受賞ラインナップ


「ソウルドラマアワード2021」で俳優ソン・ジュンギとスジ(元Miss A)が韓流ドラマ演技者賞を受賞した。

論議に上がっている俳優のキム・ソンホの活躍ぶりが編集されずに登場したりもした。

21日午後、ソウルのマポグ・サンアムドン(麻浦区上岩洞)のMBC公開ホールでは、「ソウルドラマアワード2021」の授賞式が開催された。

「ソウルドラマアワード2021」は2006年の初開催後、ことし16回を迎えた。全世界のドラマを対象に公正かつ厳格な審査を通じて、受賞作と受賞者に賞を授与し、授賞式や公演など多彩な見どころがある国際ドラマフェスティバル。

今回の「ソウルドラマアワード2021」には全世界41か国から238本の作品が出品され、受賞部門は国際コンペティション部門、国際招待部門、韓流ドラマ部門に分けて行われた。

またことしの十様式は新型コロナウイルスのワクチン接種完了者に限り、韓国内外の受賞者の一部のみが出席するなど、コロナに備えて徹底した防疫とともに、安全守則を遵守し無観客、非対面で開催された。

同日、韓流ドラマ男性・女性演技賞のトロフィーはケーブルチャンネルtvN「ヴィンチェンツォ」のソン・ジュンギ、tvN「スタートアップ:夢の扉」のスジが手にした。まずソン・ジュンギは映像を通じて「心から感謝申し上げる。別の日程により出席できず、映像でごあいさつを差し上げることになり申し訳なく、改めて感謝する」としながら、「我々のドラマ『ヴィンチェンツォ』、そしてヴィンチェンツォ・カサノのキャラクターをとても愛してくださったので、僕がこのように意味深い賞をいただくことができた。韓国内外の多くのファンの皆さんに頭を下げて感謝の気持ちを伝えない。これからも他のステキな作品で面白さをお届けできるよう、五日にも早く作品でごあいさつする」と感想を明らかにした。

スジも映像で「『スタートアップ:夢の扉』が終わってからもう1年になるのに、このような賞までいただいて、当時撮影した時のステキな思い出を浮かべている。韓国だけでなく海外でも多くの愛をいただき、このような賞を受賞することができた。とても光栄でたくさんのスタッフの方々、同僚、先輩たちに栄光を捧げる。今一度『スタートアップ:夢の扉』を愛してくださったすべての方に感謝申し上げる。良い作品や、ステキなキャラクターでお目にかかります」と感想を残した。

それだけでなく「ヴィンチェンツォ」や「スタートアップ:夢の扉」はそろって2冠を達成した。「ヴィンチェンツォ」は韓流ドラマ作品賞の最優秀賞受賞の栄冠を手にしたりもした。キム・ヒウォン監督は「多くの愛を送ってくださった視聴者の皆さんに制作陣を代表して感謝申し上げる」とし、「ソン・ジュンギをはじめとしたとっても愛するチーム“ヴィンチェンツォ”の俳優の皆さん、スタッフの皆さんを本当に愛している。会いたい」と伝えた。

一方、「スタートアップ:夢の扉」は韓流ドラマ作品賞の優秀賞を獲得した。オ・チュンファン監督は映像を通じて、「ステキな台本を書くのに苦労なさったパク・ヘリョン作家、そして本当に四苦八苦しながら演技するのに苦労したスジやナム・ジュヒョクに感謝申し上げる」と功を譲った。

特に、同日授賞式の生中継には芳しくないプライベートの論議の俳優キム・ソンホの活躍ぶりが編集されずに紹介され、不快感が漂った。論議の余波で芸能界退出への手順を踏んでいる状況であるためだ。

(2ページに続く)

2021.10.21

blank