CJ ENM、SMエンタ買収説に「買収議論中だが決定したことはない」


「買収の意思はあるが、まだ決定したことは何もない」

CJ ENM側がSMエンタテインメント買収説に対してこのような立場を示した。

CJ ENMの高位関係者は21日、イーデイリーの取材に応じ「私たちは買収の意思があるが、多様な可能性を開いている」とし「まだ決定したことは何もない」と明らかにした。

この日、あるメディアは投資銀行(IB)業界の関係者の言葉を引用し「CJ ENMは早ければ22日、SMエンタテインメントを買収する契約を締結し、該当内容を公表する」と報道した。取引対象はイ・スマン代表プロデューサー保有の持ち株18.73%だ。CJ ENMはSMエンタテインメントの持ち株100%価値を3兆~4兆ウォン(約3000億円~4000億円)水準と評価しており、イ会長の持ち株6000億~7000億ウォンで買い入れることにしたという。

CJ ENMの高位関係者は22日、買収契約締結の件について「明日の発表は準備していない」と一蹴した。

WOW!Korea提供

2021.10.21

blank