”中絶教養疑惑”キム・ソンホ、モデルを務めた広告も痕跡を消す…ゴルフウェアも広告削除


最高視聴率12.7%を記録し、去る17日に放送終了したtvNドラマ「海街チャチャチャ」に出演した俳優キム・ソンホの私生活騒

動疑惑が続き、彼を広告モデルとして起用していた企業たちが、いわゆる「損切り」に出た。

ゴルフウェアブランド「W.ANGLE」は、ホームページにあるキム・ソンホ関連写真とバナーをすべて削除した。また、YouTube動画も削除した。

去る4月に「W.ANGLE」は、ブランドモデルとしてキム・ソンホを起用した理由に対し、放送を通じて見せる多彩な魅力と、明るく健康なエナジーがブランドのアイデンティティであるヤング&ユニークと符合し、起用するに至ったと説明していた。

これに先立ちピザブランドの「ドミノピザ」、eコマース事業の「11番街」、カメラブランド「Canon Korea」などは、広告モデルであったキム・ソンホに対する騒動が起こると、掲載物たちを削除したり、非公開へと転換させた。

19日、広告業界によると、現在キム・ソンホがモデルを務めているブランドは「W.ANGLE」以外にも10社ほどあるという。

WOW!Korea提供

2021.10.20

blank