歌手SE7EN、「自分と『2PM』ニックンが30代芸能人ゴルファーTOP2」誇り


「2PM」のメンバーたちのゴルフ実力が公開された。

16日放送されるJTBC「会員募集-セレモニークラブ」(以下「セレモニークラブ」)は、ゴルフの実力者特集で組まれた。 「芸能界最高のゴルフ実力者」として知られているデビュー19年目の歌手SE7ENと「野獣ドル」を越えて「野獣ゴルファー」を狙う「2PM」チャンソンが出演する。

セレモニークラブを訪れたSE7ENは、「僕と『2PM』ニックンが30代芸能人ゴルファーTOP2」と自信を表わした。また、「ベストスコア1アンダー」と明らかにし会員に期待感を抱かせた。しかし、実際にラウンドに出るとミスを連発し、ついにコメディアンのキム・ジュノに続き、2代目の非会員に登板する危機に処した。果たしてSE7ENは「芸能界0.1%」の実力を証明して正会員になることができるか。

チャンソンは「僕のゴルフは力だけのゴルフ」と謙虚な姿を見せた。しかし、SE7ENは、「チャンソンが私が見た芸能人の中で一番遠く打つ。キム・ジョングクの力にも押されない」とチャンソンのゴルフの実力を証言して会員たちの目を引いた。

続いてチャンソンは「2PM」のメンバーたちのゴルフ実力を公開し、「僕はニックンには押されるが、テギョンより一枚上」と明らかにした。また、「『セレモニークラブ』に出演の知らせにテギョンは羨しがった」とパク・セリ会長への「2PM」のメンバーたちのファン心を公開した。本格的にラウンドが始まると、チャンソンは怪力に続いて「飛距離305m」まで披露し、クラブの「距離最長新記録」を立てた。

また、「ゴルフの実力者特集」らしく、この日のミッションは、「リレーパー」ではない「リレーバーディー」ミッションで行われた。普段から数字7に執着してゴルフのハンディキャップさえ7としたSE7ENは、ミッション成功金額も700万ウォンで笑いを起こした。また、ティーショットを7秒で打つ妙技(?)を披露したという。

WOW!Korea提供

2021.10.17

blank