【全文】YG、悪質コメントを告訴、告発、「これ以上黙って見過ごせない」


YGエンターテインメント(以下YG)が、所属アーティストを苦しめてきた悪質コメントを相手どり、法的措置に出た。

YGは14日プレスリリースを通じ、「所属アーティストが世間から大変な人気を得ているだけに、ある程度の誹謗は耐えなければいけない立場だと思い、これまで法的措置は控えてきた。」とし、「ところが段々と所属アーティストに対するデマの量産、非難、人格攻撃、セクハラ、プライバシーの侵害などが無差別に行われるようになり、その現実をこれ以上黙って見過ごすことは難しい。」と明かした。

YGは「今年初めから最近までファンが通報した内容を基に、所属アーティストの権益を侵害する数多くのウェブサイトの掲示物を調べ、その程度が行き過ぎだと判断した事案について、詳しく検討した。」と説明した。

これにより「悪意のある常習的な虚偽事実拡散行為を選別し、情報通信ネットワーク利用促進および情報保護などに関する法律違反(名誉毀損)、侮辱、業務妨害罪として告訴、告発した。」と伝えた。

加えて「今後も所属アーティストの名誉がひどく傷つけられたり、これにより回復できない被害が莫大だと判断した場合、所属アーティストの保護のため、強い法的措置をとる予定。」と強調した。

以下YGの公式立場全文。

(2ページに続く)

2021.10.14

blank