「ライブレポ NO2」キム・ヒョンジュン2万人を動員!「Premium Live “TONIGHT”」開催!

IMG_0344

 

ライブ中盤で「今日が誕生日の方はいますか?」と呼びかけ、今日が誕生日だというファンを見つけると「お誕生日なのにどうして一人さみしくここにいるんですか?」と聞き、「僕がいるからですって」とその答えに少し照れた様子を見せた。

さらに「僕は誕生日プレゼントになれますか?」と殺し文句で集まったファン1万人の心をギュっと鷲掴み。

さらに誕生日を迎えたファン1名をステージへとエスコート。

「僕が歌を一曲歌いたいと思います」と「僕は君のもの」をサブステージ上の椅子に座るファンにプレゼント。

羨望のまなざしと悲鳴にも似た歓声を上げる客席に「いつか順番が来ますよ」と慰めの言葉をかけるキム・ヒョンジュン。

「次の曲は僕とバンドのみなさんが苦労して洗練された曲に編曲しました。このコンサートはこの曲を歌うためにしています(笑)」と彼らしいジョークを交えながら紹介。

ピアノとギターの演奏で「僕の頭が悪くて」を歌唱。

「僕が個人的に好きな曲でこの曲を聴くと何故か心が安らぎます」と言い、「君だけを消せなくて」を日本語で甘く、せつなく歌うと会場からファンのすすり泣く声も聞こえた。

会場を感動の渦に巻き込んだキム・ヒョンジュンは「以前のように」で雰囲気を一新。

女性ダンサーと椅子に座り、テーブルを使った手のパフォーマンスやセクシーなダンスで会場を沸かし、途中Tシャツを引き上げるダンスではファンはハラハラドキドキ、「キャー!」という悲鳴が響きわたった。

IMG_0232

 

「君も僕と同じならば」ではメインステージからステージがせり上がるドラマチックな演出とその歌声でライブのクライマックスとなる最高のステージを届けた。

ハードナンバーから、アップテンポな曲、スローバラードと様々な魅力が炸裂したライブとなった。

スタッドの赤いレザーを着てアンコールに登場したキム・ヒョンジュンは「HEAT」を炎の演出と共に熱く披露。

アンコールで5曲を歌い、「ありがとうございました(日本語)。今日、来て下さったすべての方に、もう一度感謝の言葉を送りたいと思います」と感謝の言葉を伝えた。

ライブのエンディングを告げるキム・ヒョンジュンに会場から「え~!」との声が沸き起こると「次はドラマで会いましょう」と笑顔を見せた。

最後はキム・ヒョンジュンがバンドメンバーとダンサーたちと一緒に「ありがとうございました」とお礼を言うと「お疲れ様でした」と会場のファンの合唱でイベントを締めくくった。

 前日の20日には事務所の社長でもあり、先輩のペ・ヨンジュンがライブ会場に姿を見せるサプライズもあり、集まったファンを喜ばせるなど、2日間のライブイベントは大盛況で終了した。

歌はもちろん、トークでも魅力を発揮し、ファンを魅了するキム・ヒョンジュン。

また同イベントの模様はクリスマスの12月25日にリリースされることも発表された。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

*DVD&Blu-ray『KIM HYUN JOONG Premium Live “TONIGHT”』

2013年12月25日発売

 

*キム・ヒョンジュン日本公式ファンクラブ HENECIA JAPAN. http://henecia.jp/

 

 

*キム・ヒョンジュンユニバーサルミュージックジャパン公式サイト

http://www.universal-music.co.jp/kim-hyun-joong

 

 

 

2013.10.23

blank