防弾少年団、単独コンサート大成功で人気アイドルを証明

article

人気アイドルグループ弾少年団が、韓国で開催された2度目の単独コンサートを大成功のうちに終了した。
28日から29日までのふつか間、ソウルオリンピック公園のオリンピックホールで開かれた「2015 BTS LIVE TRILOGY: EPISODE I. BTS BEGINS」のコンサート会場には総勢6500人余りの観客が訪れて会場を熱気で満たした。
会場の内外部は世界各国のファンが準備した米の花輪と防弾少年団の名前で寄付する品物でいっぱいで、次世代の K-POPスターの面持ちを感じさせた。
防弾少年団は今度のコンサートで、「Boy In Luv」、「Danger」、「N.O」など活動曲と日本でのアルバム収録曲など合計20曲を公開した。また練習生時代に作ったミックステープを公式なステージで初めて披露するなど新鮮なレパートリーでファンを魅了した。
防弾少年団のパフォーマンスの二本柱であるJ-HOPEとJIMINは、思いっきりのいいダンスバトルを繰り広げて客席の熱気を最高潮に引き上げた。ここにボーカルラインの甘いステージとラッパーラインのカリスマあふれるユニットステージまで加わって、退屈するひまのないステージを完成した。
公演の後半部は、「24/7=heaven」、「2年生」、「If I Ruled The World」、「Cypher 1&2」、「Danger」、「ホルモン戦争」、「進撃の防弾」など7曲が相次いで響きわたると、観客の歓声は絶頂に達した。
また5月に正式に発売される新曲「Converse High」と 「興弾少年団」まで初めて公開してカムバックへの期待をいっそう高めた。
防弾少年団は、「人生の重要な瞬間をともいてくださったファンの皆さんに心より感謝する。みなさんがいるから僕たちがこの場に立つことができる。早く次のアルバムを準備しなくちゃいけないという気がする」と語り、2時間40分の間休まず駆けぬけたコンサートの幕を閉じた。
防弾少年団は5月中旬に新しいアルバムをリリースして歌謡界にカムバックする計画である。

2015.03.30

blank