JYJジェジュン、入隊前の最後の公演で「二等兵の手紙」を歌う

201503301358773262_5518d81673f53

JYJのキム・ジェジュンが、入隊前に最後にファンと意味ある時間を過ごした。
C‐jeSエンターテイメントは、30日「ジェジュンが28日と29日の両日、高麗大学ファジョン体育館で開かれた「2015 KIM JAE JOONG CONCERT IN SEOUL 'The Beginning of The End'」の 公演で、1万2000人のファンとともに、いつよりも熱い情熱と感動の場を持った。入隊の前にファンと最後に会う場を持ったジェジュンは、渾身の力をこめたステージでファンを熱狂させ、ファンは3時間以上の間、起立したままジェジュンの一挙手一投足のすべてに反応して会場をわき返す歓声でジェジュンを感動させた」と明らかにした。
ジェジュンは、パワフルなパフォーマンスあふれるロックステージから特有のボーカルカラーをそっくりそのまま感じることができるバラードステージなど、20曲あまりの歌を熱唱して多彩な魅力で会場を熱く沸かせた。また、ファンのために特別に制作した新曲2曲を公開し、ジェジュンの新しい音楽を待って来たファンに忘れられない贈り物を与えた。
ジェジュンはステージごとにファンに向けた感謝の思いをひとつひとつ表現した。ジェジュンは、「生きてきて一番よくやったと思うことは、いつも変わらず私を信じてくれたファンの皆さんとともにいたことだ。20代ですべての喜怒哀楽を経験したようだ。それでファンの大切さをもっと深く感じるようになったし、貴重なな20代を幸せにしてくれた皆さんに心から感謝する」と伝えた。

そして「男は30からだと言うが、皆さんに最高の35歳の姿をお見せするために除隊してもっと努力します」と伝えてファンの歓声を受けた。続いて公開したアンコールステージで、故キム・グァンソクの「30の頃に」と「二等兵の手紙」を歌ってファンに切ない感動をプレゼントした。
今度のコンサートでジェジュンは、最高の歌唱力とステージを掌握するパフォーマンスを公開してロッカーとしての可能性を証明した。そして誰よりもステージ上での音楽を楽しむ姿と、ファンに向けた惜しみない愛情がそっくりそのまま解けこんだステージを通して、ファンの、ファンによる、ファンのための公演であったという賛辞を受けた。
ジェジュンは本人の意志によって非公開で入隊する予定だ。

2015.03.30

blank