ソンモ 第21回大韓民国 青少年映画祭 公式トレーラー作品 主演 決定

この度、ソンモが韓国で開催される第21回 大韓民国 青少年映画祭の公式トレーラー作品に主演として参加することが決定いたしました。
青少年映画祭は2001年から続いている韓国で最古の青少年映画祭で、無限の可能性を持った韓国の青少年たちが自分の夢を叶えることができるように機会を与えたいという趣旨の意味深い行事の一つです。
昨年、同映画祭では広報大使として参加しており、トレーラ出演に抜擢されたことにより2年連続での映画祭参加となり、「青少年の夢を応援する映画祭にもう一度参加することができ、光栄ですし、青少年の明るい未来を一緒に見ることができれとても嬉しいです。」と喜びをコメントしました。

今回のトレーラでは外科医役を務める予定。イム・ナヨン氏、チェリン氏が共演することでも期待されており、10月7日より青少年映画祭公式YouTubeチャンネルにて公開されます。
韓国での俳優活動が活気づいているソンモですが、オンラインイベントでJuliet (ファンの総称)へ愛を伝えながら来日への準備を続けております。

【大韓民国 青少年映画祭】
10月15日から17日まで大田にて開催される。
公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCuIOBe4Suj-Wpxm9P9MfO1w
公式HP: http://intyca.com

【プロフィール】
2007年9月に超新星として韓国でデビュー後、モデル並みのスタイルと甘いマスクに加え、実力派のダンスと歌で評価を得ている。ソロアルバム作品はデイリー1位、ウィークリー2位の実績を持つ。
とても礼儀正しく、ほんわかした雰囲気を持つ癒し系キャラクターだが、釜山出身ということもあり、男らしい一面を見せることも。そして、負けず嫌いな一面も持ち合わせている。
日本語のヒアリング力は、周囲が驚くほどのレベル。
俳優として、2014年主演の映画「愛の言葉」でその演技力を評価され、数多くのミュージカルに主演、2015年主演映画「僕たちの日記」が、京都国際映画祭「特別上映作品」にて上映。
韓国ではドラマ「嘘の嘘」「報復」、映画「アイ ウィル ソング」に出演。
日本では11月20日公開「ヤウンペを探せ!」にも挿入歌とカメオ出演で参加している。日韓ともに次作への準備も進行中。
ソロアーティストとして現在は新曲を配信リリース後、NEWアルバムの発売を目指して楽曲制作中。
現在は日本でのさまざまな計画の準備を進めている。

2021.09.28

blank