「NORAZO」、宅配パフォーマンスに視線集まる、「悩みは配送を送らせるだけ」


人気デュオ、「NORAZO」が、全国民のお悩み解決人として地位を固めた。

「NORAZO」(チョビン、ウォンフム)は26日午後に放送されたSBS「人気歌謡」に出演し、ニューデジタルシングル「悩みは配送を遅らせるだけ」のステージを披露した。

今回のステージで「NORAZO」は特有のスタイリングと中毒性溢れるメロディーで、心をつかんだ。チョビンは宅配ボックスと配送伝票の番号を再利用したアップサイクルな衣装で目を引いた。「NORAZO」のマイクスタンドも宅配ボックスで飾られ、注目された。

またパフォーマンスも一度タップするだけで済む現代人のショッピング文化を表現した「悩みは配送を遅らせるだけ」の歌詞を直感的に表し、中毒性をあおった。モバイルショッピングをする姿、悩みに陥る姿、目にはっきりと浮かんだかのように目覚めて確認する姿などを表現したパフォーマンスが、共感を呼んだ。ウォンフムは横たわって歌うなど、ステージをお茶の間のように活用した。

「NORAZO」の新曲「悩みは配送を遅らせるだけ」は、 一度タップするだけで済む現代人のショッピング文化を「NORAZO」だけのスタイルで表現した曲だ。速いテンポの正統ハイエナジージャンルで、「NORAZO」の音楽の相方であるプロデューサーdkが歌詞を手がけ、チョビンとチョッチャメンが共同で作曲した。

「NORAZO」は様々な音楽番組やコンテンツを通じ、ニューデジタルシングル「悩みは配送を遅らせるだけ」の活動を続ける。

WOW!Korea提供

2021.09.27

blank