「少女時代」ソヒョン、久しぶりにメンバーと一緒にあいさつ「胸がじんとした」


グループ「少女時代」のメンバーで女優のソヒョンが、ジュエリーのグラビアを通じて高級感あふれる姿を披露した。

今回マガジン「1st Look」のカバーを飾ったソヒョンは、毎カットごとに優雅でありながら感度の高いポーズでグラビアの完成度を上げた。グラビアのコンセプトを完璧に理解し、スタッフとの完璧な呼吸を見せ、撮影現場の雰囲気をリードした。

撮影後に行われたインタビューで、「ことしが『少女時代』デビュー14周年の年だ。毎年記念日になると、何か意味のあることをしてみたかった」とし、「でも、いざ何を、どうすればいいのか分からないし、各自のスケジュールが忙しいため、時間を合わせるのも簡単ではなかった」と語った。



さらに、「今回、『ユークイズ・オン・ザ・ブロック』(以下「ユークイズ」)の出演をめぐっても 攻防が繰り広げられた。いろんな意見が行き交ったが、私たちが団結した姿を大衆に見せることにはみんな賛成した」とし、『ユークイズ』はメンバー全員が好きな番組だったので。そしてみんなで一緒に『少女時代』のあいさつを発したときは、何だか胸がじんとした。以前は当然のあいさつだったが、『もうみんなで集まって声を合わせてあいさつすることが、特別なことになったんだな』と思った」と話し、最近「少女時代」が完全体で出演した「ユークイズ」について振り返った。

またソヒョンは、数日前に撮影を終えた次回作「聖なる夜:デーモンハンター」についても言及した。

彼女は「やったことのないジャンルのため、より惹かれた。自分自身で限界を決めたくない。なので、作品を選ぶ時も、これまで演じてきたキャラクターと似たものは避ける傾向にある」 とし、「今回の作品は簡単には出会えない複合ジャンルだ。私はすでに台本を読んだ時に新鮮な衝撃を受け、『これは必ずやりたい!』と決心した。期待してほしい」と抱負を語った。

WOW!Korea提供

2021.09.23

blank