歌手ウォノ、新曲「BLUE」のジャケットメイキングで爽やかなセクシー美を発揮


歌手ウォノが新曲「BLUE」のジャケットメイキング映像を通じて、爽やかなセクシー美を発揮した。

所属事務所HIGHLINEエンターテインメントは18日午後8時、公式YouTubeを通じて、ウォノの2ndミニアルバム「Blue Letter」のタイトル曲「BLUE」のジャケットメイキング映像を公開。

公開された映像は、風船を利用し、キュートな魅力を発揮するウォノの姿で始まった。カメラの後ろで遊び心あふれる姿を見せ、楽しそうな雰囲気を漂わせるウォノは撮影が始まるや、驚くほどの集中力でプロフェッショナルな姿を誇り、見る人の視線をとらえた。

特に、テニスラケット、スイカなどの小道具を活用し、爽やかな魅力を発揮しながらも、彫刻のようなボディと完璧なビジュアルで、セクシーなギャップのある魅力を披露し、ファンを胸キュンさせた。

涼やかな季節感のあるタイトル曲「BLUE」は魅力的なギターとベース、ドラムのリズミカルなグルーヴが調和したポップダンスナンバー。憂うつ感や海の青さを象徴する「ブルー」の二重の表現を通じて、明るく希望的なメッセージを届けている。

同アルバムはリリース直後、ワールドワイドiTunesアルバムチャート3位を獲得。タイトル曲「BLUE」をはじめ、収録曲全曲がiTunesのトップ100ソングの上位にランクインした。ウォノは「BLUE」を引っさげ、精力的な活動を展開中だ。

WOW!Korea提供

2021.09.19

blank