「公式的立場」SEVENTEEN、NU‘EST所属事務所Pledisエンターテインメント、"CJ E&M持分買収は決定事項なし。海外事業を推進中"

2018.06.13

人気アイドルグループSEVENTEEN、NU‘ESTの所属事務所Pledisエンターテインメントが、 CJ E&Mの持分買収説に関して「決定事項はない」という立場を明らかにした。

Pledisエンターテインメントの関係者は12日、「CJ E&Mが、Pledisエンターテインメントの持分買収に関しては、決定事項はない。海外事業を一緒に推進中であることは事実だ」と明らかにした。

あるメディアは、CJ E&MがPledisエンターテインメントの持分51%を買収する方案を議論中だと報道した。しかし、Pledisエンターテインメントは決定事項はないという立場を明らかにした。

Pledisエンターテインメントは、2007年にハン・ソンス代表が設立し、NU'EST W、SEVENTEEN、PRISTIN、AFTERSCHOOL、ハン・ドングンらが所属している。

  • NU’ESTレン&JR、SEVENTEENミンギュ、Pledisの3兄弟がバラエティ番組「マスターキー」で大活躍
  • 【全文】「AFTERSCHOOL」ナナ、PLEDISエンターテインメントと再契約
  • 「SEVENTEEN」だけではない!プレディス(PLEDIS)エンタ全盛時代到来
  • “NU’EST WからSEVENTEEN”までPLEDISエンタ、心温まる秋夕あいさつ