「コラム」李秀賢(イ・スヒョン)さんが見ていた青い空

2018.05.14

 

私たちにできること
強い意欲をもって日本語を学んでいた李秀賢さんだったが、「両国の交易に関する第一人者になりたい」という夢を実現することはできなかった。
母親の辛閠賛(シン・ユンチャン)さんは李秀賢さんが亡くなった1週間後に私にこう語った。
「私は息子にいつも言っていました。どこへ行っても必要な人間になるように……。困っている人がいれば助けてあげるように、と。そう言ってきました」

「私は秀賢を見ながらいつも夢を見ていたんです。秀賢は一体どんな人間になっていくのか。どんなすばらしいことをやってくれるのか。そのすべてのことを秀賢はたった1回でやりとげてしまったんです。自分の命と引き換えにして。何回生まれても普通の人間ができないことを、息子はたった1回の短い人生でやりとげたんです。でも、秀賢が長生きしてくれればどんなに良かったか……」
李秀賢さんが亡くなって17年。
私たちにできることは……。
決して彼を忘れないことだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

韓国はなぜ分断国家になったのか

朝鮮通信使(世界記憶遺産)の歴史〔1〕

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)