「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の唯一のファンタジー? 愛はチョン・ヘインのように

2018.05.05

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

あたかも「体験恋愛」のような現実的な恋愛感性で視聴者たちをしっとりとさせた「よくおごってくれる素敵なお姉さん」の唯一のファンタジーは、男性主人公ソ・ジュニ(チョン・ヘイン)じゃないかと思う。

今月4日に放送されたJTBC金土ドラマ「よくおごってくれる素敵なお姉さん」では「この男の愛し方」ということができるほど、ただ恋人のユン・ジナ(ソン・イェジン)を守るために努力するジュニの姿が描かれた。

ジュニはジナのお母さんのキム・ミヨン(キル・ヘヨン)にひざまずいて、黙黙ビンタを食らいながらも、ただジナが傷つくことだけを心配した。ジナがジュニの家にきて幸せな時間を過ごす時に、ジナのお母さんのミヨンが怒鳴り込んできて、ジュニは友達が訪ねてきたと嘘をついてしばらく時間を稼いでジナを家に送りかえした。ジュニの「ジナはそのままにしてください。今ジナがお母さんを見ればとても傷つくと思います」という切実な様子でジュニがジナを思う心がそっくりあらわれた。

(2ページに続く)