「個別インタビュー」次世代俳優イ・ウォングン、ターニングポイントになったのは映画「女教師」!「常に成長を続ける俳優になっていきたい」

2017.11.07

Q.デビューから、数々の作品に出演されていますが、自分にとってターニングポイントになったと思う作品は何ですか?
キム・ハヌル先輩、ユ・イニョン先輩とご一緒した映画「女教師~シークレット・レッスン~」(以下、「女教師」)です。僕の映画デビュー作でもあります。この作品に入る前、たくさん準備をしたし、撮影に入ってからは映画俳優の苦悩や、大変な部分というのもたくさん感じたし、僕にとってはターニングポイントになりました。

Q.「女教師」では、2人の女性教師と禁断の三角関係を結んでいくバレエ特待生の高校生役という難しい役どころだったと思いますが、どのように役作りをしていきましたか?
監督に1から10まで、いろいろな要求をされました。その中でも、「友達と会わないで、寂しく過ごしてほしい」、「監督である僕だけを信じて頼ってほしい」、「このキャラクターを演じるため、絶えず努力してほしい」というこの3つを重視し、役を作っていきました。

Q.その「女教師」で、ことしも「釜山国際映画祭」に招待され、今回は開幕式のレッドカーペットイベントにも初めて参加されましたね。
2年連続で、「釜山国際映画祭」に招待していただき、すごく感謝した日でした。でも、レッドカーペットイベントは、本当に緊張しましたね(笑)。

Q.野外での舞台あいさつはいかがでしたか?
それは楽しかったです(笑)。リラックスして、質問に答えられる雰囲気だったんですよ。だから、撮影エピソードなどを話しながら、観客の皆さんと一緒に楽しむことができたと思います。

Q.映画祭では、他の俳優さんと交流されたんですか?
映画でご一緒した先輩、監督、スタッフさんと集まる場もあったし、僕が個人的に好きな、「一抹の純情」で共演したキム・テウ兄さんとも楽しい時間を過ごしました。

(4ページに続く)