2PMジュノ、ワントップになるまでの演技成長史を見る

2017.09.13

ジュノは、劇中で激しい苦痛の中でもひたすら耐えて今を生きていくイ・ガンドゥを演じる。頼りになる親も、学歴も、これといった技術もないため、自然に裏通りでただ忍耐する人生を生きていたイ・ガンドゥは、自身とは違って痛みを隠したまま平凡な日常を激しく守りながら生きていくハ・ムンス(ウォン・ジナ)に出会って少しずつ変わり始めていく。
ジュノは、今回のドラマで初の主演にチャレンジする。映画「二十歳」でも主演を担当したが、「ワントップ」でドラマをリードするのは今回が初めてだ。だからこそジュノにとっては、「ただ愛する仲」が俳優としてこれまで以上に重要な作品になると予想される。それでも心配ないのは、これまでジュノが見せてきた演技の経歴があまりにも素晴らしいからだ。

映画「監視者たち」で演技者としての第一歩を踏み出したジュノは、当時も2PMのメンバーかと思われるほどキャラクターと完全にひとつになった様子を披露した。その後、映画「侠女:剣の記憶」、「二十歳」と、ドラマ「記憶」、「キム課長」に出演してそのたびに明敏に変身を図ってきた。(3ページに続く)