「イベントレポ」“SNUPER”SPECIAL SHOWCASE in 2017 「Back:Hug」開催&ニコニコ生放送配信で2万人以上のファンを魅了

2017.06.19

 新“ナムチンドル(彼氏にしたいアイドル)”として人気急上昇中の韓国6人組ボーイズグループ“SNUPER”が韓国4th Mini Album [I Wanna?] を引っさげてSPECIAL SHOWCASEを開催、その模様がニコニコ生放送で配信された。

2017年6月11日、六本木ニコファーレにてSNUPER SPECIAL SHOWCASE in 2017 「Back:Hug」が行われた。同SHOWCASEは、今年4月韓国にてCOMEBACKを果たした4th Mini Album [I Wanna?]に収録されている楽曲を中心に構成された特別なSHOWCASEで、同時にニコニコ生放送でも配信され、会場内外合わせて2万人以上のファンを魅了した。

黒を基調としたシックな衣装で登場したSNUPERは「Carry(JPN ver.)」そして公演名にもなっている「Back:Hug」を続けて披露した。会場に集まったファンの黄色い声援と、ニコニコ生放送視聴者のコメントで序盤から大盛り上がりを見せた。熱気に包まれる中、メンバー1人ずつ自己紹介を済ませ、「遊びましょうか!」とリーダーのテウンの一声でさらに会場は熱さを増すばかり。「It’s raining」「Platonic Love(JPN ver.)」と続けて楽曲を披露していった。

続いて、この日のMC石井元気(あきげん)氏を迎え、トークで6人の魅力を引き出した。4th Mini Album [I Wanna?]のテーマカラーが“赤”と“青”の2色あるが、メンバーに今の気分は何色かと尋ねると最年長のスヒョンが「桜色です!SWING(ファンの愛称)の皆さんが振ってくださっているペンライトがピンクで、桜がひらひらと舞い散ってる感じがするからです」と話し、ピンクの光に包まれる中、黄色い声援が会場内に響き渡った。

(2ページに続く)