「イベントレポ」『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』 "ワイドショー見るよりも見るよりも勉強になる” ヤン・ヨンヒ監督ゲスト登壇トークイベント開催!

2017.06.18

(C)Zorba Production, Su:m

2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品、2016年モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞他、各国の映画祭で絶賛されたドキュメンタリー『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』(ユン・ジェホ監督)がついに日本公開!

(C)Zorba Production, Su:m

現在公開中の6月17日(土)、渋谷シアター・イメージフォーラムにて映画監督のヤン・ヨンヒさんを迎え、トークイベントを実施しました!
劇映画『かぞくのくに』や『Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン』『愛しきソナ』というドキュメンタリー作品で、家族の物語を描き続けているヤン監督ならではの深い考察にあふれたトークとなりました。

MC:まずは本作をみたご感想を教えてください。
ヤン・ヨンヒ監督:北朝鮮や脱北者を描いているから、ということではなく、一人の人を追いかけるユン・ジェホ監督のスタンス、描き方にとても好感が持てる作品でした。言葉では説明しづらいですが、乱暴な言い方をすると、韓国のドキュメンタリーって正義感で作っている感じを受ける作品が多くて、私は好きではなくて。でも本作は、監督の相手との距離の取り方に引き込まれましたし、監督自身も彼女の人生に巻き込まれていっている様子が感じ取れて、そこにスリルを感じました。
パンフレットを拝見すると、監督は最初彼女を撮るつもりがなくて、ずっと一緒にいる間にベーさんのほうから「私を撮れば」と提案したそう。 これは理想的というか、ある意味この人だったら、“脱いでもいいわ”ってベーさんに思わせたんだと。それって、従軍慰安婦を撮った『ナヌムの家』のビョン・ヨンジュ監督も同じで、3年間ただ遊びにナヌムの家に通っているうちに、「私たちを撮ったら」とそこにいるおばあさんに言われたという。あなたのカメラだったら文句言わないからということだったと思うんですね。例えばTV局のカメラだと、撮ってやるからというスタンスの人がいる。それは撮られるほうも感じるはずなんです。人として敬意を払うこと、そして敬意を持った好奇心は相手に伝わると私は思っていて、それがこの作品は最後まで切れなかったと感じました。

あと、劇中、マダム・ベーさんの中国のお姑さんたちも良くて、成り行きでベーさんは中国の夫に売られたというのは人としてつらいことだったと思うんですが、経緯はどうであれば、ベーさんにとってはすごい出会いだっただし、そのあたりもとても丁寧に描かれていますね。出てくる人それぞれに対する敬意もみえた。後半、ベーさんが韓国に行ったあと、正直彼女は幸せそうではなかった。中国にいるときとは違って、ザ・資本主義のモノがあふれるソウルで生きるベーさんの顔をみると、韓国に行ったからといって必ずしも幸せでないんですよね。 あのときの表情、仕草、とても細かい場面まで、心に残る作品でした。


MC: 本作をみて初めて知ったことはありますか?
ヤン・ヨンヒ監督:最近『天国の国境を越える―命懸けで脱北者を追い続けた1700日』(李 学俊/著)を読んだりしたのですが、東南アジアを経て、命からがら韓国にたどり着く現実があるなど、読むと脱北、と一言で言ってはいけない、こんなに大変な思いをして、あの国から逃げてやっとたどり着いた韓国で頑張っているんだなぁと。いまは韓国だけでなくアメリカ、ヨーロッパにも脱北した方々がたくさんいて、私も親しい人の中に脱北をしてきた知人もいます。30代の女の子は、北を出て幸運にも半年くらいで日本に来ることができた子がいる。飲めば明るくなる子だけど飲むと泣きだすこともあって、脱北の詳しい話はしないけれど、すごいストレスだったろうし。その子の友達で、一見か弱そうな女性なんだけど「自由がないのが耐えられなかった」と家族の反対を押し切って、一人脱北してきた若い女性もいます。現在は日本で看護師の学校に言って頑張っています。脱北した人それぞれ事情が違うと思います。(2ページにつづく)