「個別インタビュー」Apeace、新曲「CHANGE my LIFE」でパート争奪戦勃発!? Kの放った一言にメンバーたちが一喜一憂!

2017.03.20

左から、スンヒョク、ゴンヒ、シヒョク、ジュンシク、J.D、ヨンウク、ソンホ、ドゥファン、ワンチョル

“会いに行けるK-POPアイドル”の先駆けを作り、月に1度の定期ライブをベースに、バラエティ、MC、舞台、モデル、ミュージカルなど多方面で活躍しているApeace(エーピース)の最新シングル「CHANGE my LIFE/どこまでも続く道を...」が3月22日(水)にリリース!
オリコンデイリーチャート6位を記録した前作「I Love You」から、約7カ月ぶりとなる今回のシングルは“春”にふさわしい、全く異なる魅力を放つ2曲を収録した両A面シングルとなっている。

Apeaceよりメッセージ動画

「CHANGE my LIFE」はApeaceがレギュラー出演しているBSスカパーのバラエティ番組「韓流ザップ」の“Kpeaceプロジェクト”から誕生したもので、番組MCを務めるシンガーソングライターのKが、Apeaceのために書き下ろした“挑戦する人”に向けた強いメッセージソング。

また、「どこまでも続く道を…」は、作詞に松井五郎、作曲・編曲に「Ti-Amo」を手掛けたJin Nakamuraというヒットメーカーを迎えた、いまの彼らの等身大の姿を詞とメロディーにのせたメッセージ性の強いバラードとなっている。

意外にも、インタビューは初登場となるApeace。この日は、リーダーのゴンヒ、スンヒョク、ソンホ、ワンチョル、ジュンシク、ドゥファン、ヨンウク、シヒョク、J.Dの9人(ウォンシクとセヒョンは欠席)が揃い、インタビュールームに入ってくると、礼儀正しく一列に並び、あいさつをしてくれたが、これだけ高身長メンバーが集うと圧巻! それでいて、親しみやすさも漂わせ、「アジアの平和Apeaceです。よろしくお願いします!」とにこやかにソファに座ると、新曲について、KとのレコーディングエピソードやPV撮影秘話、今後挑戦したいことなどを和気あいあいと語ってくれた。

Q. インタビュー初登場ですね。まずはApeaceがどんなグループなのか、紹介をお願いします!
ヨンウク:僕たちApeaceはデビュー前、毎日10時間以上の厳しい練習を経て選ばれた、身長180cm以上のメンバーで結成されていて、歌、踊りが上手い人もいるし、演技ができる人もいるし、何でもできるスーパージャイアントグループです!

Q. 続いて自己紹介、魅力アピールをお願いします。
ワンチョル:Apeaceのメインボーカル担当ワンチョルです。よろしくお願いします! 僕の魅力は、自分の口から言うのはなんですが、自由な人間です。
スンヒョク:ハハハ。不思議ちゃんですね。そうやってファンの皆さんに愛されています。
ヨンウク:話すときと歌うときのギャップがすごくて。
ソンホ:真逆なんですよ。
ゴンヒ:こんにちは。僕はみんなのアモーレ、ゴンヒです。僕も自分の口で魅力を言うのは恥ずかしいんですけど、セクシーなボディーだと思います。
一同:お~(拍手)。
ワンチョル:(ゴンヒは)Apeaceのリーダーです!



Q.ゴンヒさん、突然耳が赤くなりましたね(笑)。
ドゥファン:恥ずかしくなると、耳が赤くなる人なんですよ(笑)。僕はApeaceのドゥファンと申します。歌も少し、ラップも少し、日本語的なものも少しできて、1番というものはないんですけど、少しずつ全部できちゃっているところが、たぶん僕の魅力じゃないかと思います。よろしくお願いします!(2ページに続く)