「取材レポ」キム・ウビン“役柄とは全く異なる柔らかな表情でファンをおもてなし!”日本初ファンミ「2017 KIM WOO BIN FAN MEETING in JAPAN “SPOTLIGHT”」開催

2017.01.11

ゲームコーナーが終わるとフォトタイムがスタート。ここでもキム・ウビンの粋な計らいでステージを降り、後ろの客席まで練り歩きながらファンの要望に応えるなど、ファンへの愛情をたっぷりと示した。

最後のあいさつでは「思ったより時間が早く過ぎてしまって寂しいですが、先ほど、後ろの席のほうまで行って皆さんと目を合わせることができたので、気持ちが良いです。これからも韓国の映画や音楽、そして俳優やアーティストを応援していただければうれしいです。僕もこれまで以上に日本の映画や音楽に関心を持って応援していきたいと思います。またお会いする日まで、皆さん元気に過ごしてくださいね。今日は貴重な時間を僕のために割いてくださって心からありがとうございました」と感謝を述べ、最後は「ハッカキャンデー」を歌いながら、日本初のファンミーティングに幕を閉じた。

演技に対して、そして何よりファンに対して向き合う姿勢がとても真摯なキム・ウビン。彼の素顔は、出演作の役柄と全く異なり、ソフトで、人間性の良さが滲み出ている。キム・ウビンが次にどのような作品を選ぶのか?そしてどのような姿で現れるのか、期待せずにはいられない。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

■イベント概要
日時:2017年1月7日(土)開場18:00 開演19:00
会場:東京・ディファ有明
内容:トーク、プレゼントコーナー、歌、ハイタッチ会
チケット:9,800円(税込、全席指定)

■プロフィール
本名:キム・ウビン(KIM WOO BIN)
生年月日:1989年7月16日
身長:187cm
2008年、ファッションモデルとして活動開始、2011年俳優デビュー
出演作:「むやみにせつなく」(2016)、「相続者たち」(2013)、「ゆれながら咲く花~~学校2013」(2012)、「紳士の品格」(2012)など

公演オフィシャルサイト
http://www.promax.co.jp/info/2017/kimwoobin2017/