「情報」第4回【連載】ヒボン式かんたんハングル

2017.10.12

その最たるものが、文章の語順がまったく同じということです。これは非常に重要なことです。

英語や中国語は「主語+述語+目的語」という語順ですが、ハングルは、主語が最初で一番最後に述語がくる、という意味で語順が日本語と同じです。

しかも、助詞を使う点も完全に共通しており、日本語をハングルにするときは、順番通りに訳していけばいいのです。これなら、頭の中で整理しやすいでしょう。

ハングルは日本語と言葉の流れが同じですから、頭の中で妙に戸惑うこともありません。こうした重要な同一性があると本当に助かります。

英語と中国語 → 語順は「主語+述語+目的語」 → 日本語と語順が違う

ハングル   → 語順は「主語+目的語+述語」 → 日本語と語順が同じ

 

次回からは、本格的な「ヒボン式」に入る前に、母音や子音の存在などハングルの基礎を勉強していきます。

 

(文=康熙奉)
提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

 

米朝対立でもいつもと変わらないソウルの日常!

招待されない人も出席する韓国の結婚式事情

通常は「割り勘」をしないのが韓国のスタイル