歌手ジョン・パク、「ユミの細胞たち」OSTに2人目走者として出撃


韓国のガールズグループ「Red Velvet」のウェンディに続き歌手のジョン・パクがTVINGオリジナル「ユミの細胞たち」のOSTに合流した。

17日「ユミの細胞たち」OST制作を担Stone Music Entertainmentによるとジョン・パクは、18日午後6時に発売されるOST Part2 「Nightfalling」の歌唱を引受け参加をした。

心に呼びかける音色と魅惑的なボーカルで多くのドラマOSTからラブコールを受けているジョン・パクはドラマ「ヴィンチェンツォ」に続き 「ユミの細胞たち」を選択し、tvNとの縁を続けることとなった。

「Nightfalling」はテミンの「Nemo」、ベクヒョンの「Privacy」、スホの「Let’s Love」、10cmの「Tight」、カン・ダニエルの「インタビュー」 等に参加した作曲家のイ・アイルが同僚作曲家のJohn Ofa Rhee、BYMOREと共に作った曲だ。

関係者によると「Nightfalling」は穏やかに演奏されるギターの旋律とよく合う淡泊でありながらも吸引力あるジョン・パクのボーカルが調和し心地よく鑑賞できるトラックに完成された。

特にお互いの気持ちをわかり合う2人の感情と状況を遠回しにほのめかす歌詞が 聴く人の感性を刺激するであろう曲だ。

ウェンディに続きジョン・パクが引き継ぐ豪華なラインナップでOSTの 始まりを知らせる「ユミの細胞たち」側は今後も毎週1~2曲のOSTを 発売し視聴者の期待をしっかりと掴んでいく予定だ。

一方「ユミの細胞たち」は累計再生数32億回再生に達する同名の人気 ウェブトゥーンを原作に、細胞たちと共に食べて愛して成長する平凡なユミ(キム・ゴウン)の物語を描く細胞刺激共感ロマンスとして、毎週金、土曜日の夜10時50分、TVINGとtvNで同時公開される。

WOW!Korea提供

2021.09.17

blank