「ハイド」別人格消える前にヒョンビンとハン・ジミンが結婚

≪ドラマNOW≫「ハイド」別人格消える前にヒョンビンとハン・ジミンが結婚

※ネタバレになる内容が含まれています。

25日に放送されたSBSドラマ「ハイド・ジキル、私」19話では、ロビン(ヒョンビン)とハナ(ハン・ジミン)がロビンのまま別れを選ぶ姿が描かれた。

ロビンはソジン(ヒョンビン二役)に「これを終わらせるのに1週間しかかからない」と言って嗚咽した。ロビンは「もっといたら、僕がなくなる。記憶がなくなれば、僕はこれ以上ロビンではない」と言い、「ハナさんとの記憶を持っていかせてほしい」と頼んだ。

自分の前で記憶をなくしていくロビンを見て苦しみ、ロビンのまま送ってやる決心をした。

ハナは、ロビンとの別れを前に特別な記憶を残してやろうとした。ハナはロビンとの結婚を決心したのだった。ハナはロビンに「一番大事な記憶は消えなかった。今から私が作ってあげる」と言って「結婚してほしい」とプロポーズし、ロビンもそれを受け入れた。

WOW!korea提供

2015.03.26

blank