Red Velvet、新曲1位に大喜び「胸がいっぱい」

201503220843771653_550e022c54985

ガールズグループRed Velvetが、新曲「Ice Cream Cake」で音源チャート1位を獲得したことについて、「私たちの声が収録された音楽を好きになってもらえたことに、胸がいっぱいになった」と喜びを表現した。
Red Velvetは最近、OSENの取材に対し、カムバックの心境や新曲の活動への意気込みなどを語った。
Red Velvetは17日、ニューミニアルバム「Ice Cream Cake」をリリース。ダブルリード曲「Ice Cream Cake」と「Automatic」で、本格的にプロモーション活動に入った。特に、今回の活動から新メンバー、イェリが加わり、多くの関心を集めている。
何より、「Ice Cream Cake」は公開直後、各種音源チャートで1位を記録しただけでなく、アジア各国でも良い成果を収めた。
これについて、Red Velvetは「私たちの声が収録された音楽を好きになってもらえたことに、胸がいっぱいになった。正直、思っていたよりもたくさん気に入ってもらえ、関心を持ってもらえたので、本当にうれしかった」とし、「今回はダブルリード曲で活動することになった。このコンセプトも合うし、また別のコンセプトも合うと言われるようになりたい。また、音楽性で何かをお見せできたらうれしい。進化した、成長したということをお見せしたい」と願望を打ち明けた。
Red Velvetは昨年8月にデビュー。シングル「Happiness」「Be Natural」をリリースし、さまざまな活動を展開してきた。今回のアルバムはさわやかさを強調した「Ice Cream Cake」と感性的な「Automatic」で、相反する魅力を表現した。
Red Velvetは「デビューのときは、誰が誰なのかよく分からないという方もいたけれど、今はRed Velvetが誰なのか分かるという反応がある。今は皆さんが私たちに関心を持ち、知っていく段階だと思う」とし、「多くの方が『Happiness』でデビューしたので、さわやかな姿を気に入ってくれていると思う。『Automatic』は音楽的に自分たちを見せることができるのでうれしい。極端なカラーをお見せできるグループだと思ってもらえたら」と語った。
最初から1位を記録し、幸先の良いスタートを切ったRed Velvetは今後、「Ice Cream Cake」と「Automatic」で活動していく計画。Red Velvetは「ダブルリード曲で活動するので、私たちがやりたい音楽をもっと多くの方に知ってほしい。私たちならではのカラーをはっきりと伝え、音楽的にもさまざまなことができるグループになりたい」と意気込んだ。

2015.03.22

blank