女優ソン・ジイン、ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」で不倫女演じると…「外国人もDMで悪口言ってくる」


韓国女優ソン・ジインが、不倫演技の裏話を公開した。

3日に放送されたケーブルチャンネルMBCエブリワン「ビデオスター」では、歌手キム・ヨンジャ、キム・ユンジ、女優ソ・シネ、ソン・ジインなどが出演した。

ドラマ「結婚作詞 離婚作曲」で、イ・テゴンの不倫相手ア・ミ役で顔を知らせたソン・ジインは、「外国の方までDMに短く悪口だけ書いて送ってくる」と明らかにして目を引いた。

また、ソン・ジインは「食堂に行くと(私を)目で嫌悪しているようだ。本当に悪い人になったような気がするが、感謝している」と話した。

特に「結婚作詞 離婚作曲」で、イ・テゴンの心を奪った秘訣が音を出さずにリンゴを食べることだったというソン・ジインは、「静かで清楚な感じに没頭するのがポイント」とし「練習を3か月ほどした。この作品にキャスティングされて、まず最初に聞いた話が『リンゴを音を出さずに食べる練習をしなさい』だった。歯を全部抜かない限り難しいようだ」とし「結局、音を編集作業の時に無くした」と打ち明けた。

WOW!Korea提供

2021.08.04

blank