【時代劇が面白い】典獄署/朝鮮王朝百科8

ドラマの中でチン・セヨンが演じたオクニョは、典獄署(チョノクソ)で生まれて育ったことになっていた。それだけに、典獄署は、『オクニョ 運命の女(ひと)』でとても重要な舞台であった。この典獄署とは、果たして何であろうか。

典獄署は刑曹に所属していた

朝鮮王朝時代に、行政の最高機関のことを「議政府(ウィジョンブ)」と言ったが、この議政府には6つの官庁があった。これを六曹(ユクチョ)と呼んだ。
六曹の1つが刑曹(ヒョンジョ)であり、法務全般から刑罰までを仕切る官庁だった。この刑曹に所属する役所の1つが典獄署だ。
それでは、典獄署では何をしていたのか。
罪を犯した囚人たちを拘束すると同時に、裁判によって決まった刑を執行する役目を負っていたのである。
現代に置き換えれば、典獄署は刑務所と同じである。
よって、典獄署の建物には多くの囚人たちが収監されていた。
この典獄署で実務を担当していた役人のトップは主簿(チュブ)と呼ばれていた。品階は従六品であった。
刑曹の場合、トップの判書(パンソ/大臣に相当する)の品階は正二品である。それと比べると、主簿の従六品は品階が高いとは言えない。つまり、非常に重要な役割を果たす役所であったが、典獄署の行政上の位置づけはそれほど高くはなかったのである。

なお、典獄署で主簿の下の役職は奉事(ポンサ)であり、品階は従八品だった。
さらに下は参奉(チャムボン)で、品階は従九品であった。
その他に、書吏(ソリ)4人と、羅将(ナジョン)30人が役職を与えられていた。
(ページ2に続く)

王の名前/朝鮮王朝百科1

身分制度/朝鮮王朝百科2

儒教/朝鮮王朝百科3

内命婦と外命婦/朝鮮王朝百科5

茶母/朝鮮王朝百科6

2021.08.01

blank