東方神起ウェブバラエティ「CHECK THIS OUT」本日(7/30)正午1・2話同時公開


韓国グループ「東方神起」のウェブバラエティ「CHECK THIS OUT」第1、2話がきょう(30日)ベールを脱ぐ。
「CHECK THIS OUT」は「東方神起」が4人の子どもたちと一緒に童心を探すための旅に出て、童話を作っていく過程を描くウェブバラエティだ。ことし初めに撮影を終えた。
この日の正午「CHECK THIS OUT」放送専用ホームページで公開される第1、2話では、子どもたちと親しくなるためにあらゆる努力を尽くして、バラエティセンスを発散する「東方神起」の姿が重点的に扱われる。
今後、「CHECK THIS OUT」を通じて作られた絵本が出版される予定だ。
制作会社側は「東方神起の2人が撮影当時、予想できなかった絵の実力とストーリー創作能力を見せてくれた」と期待を寄せた。

1、2話では、敏感な子どもたちの心を楽にして、仲良くなるためにあらゆる努力を繰り広げていく。まずチャンミンが、8歳の男の子のレオと女の子のカルラに人気対決を提案。レオがカルラにカイロを渡すと、チャンミンも同じ製品のカイロを渡しながら「誰があげたものがいいか」と訪ねる。しかし、カルラはレオのカイロを選び挫折する。ユンホは、サン=テグジュペリ記念館(ソウル近郊の京畿道・加平)でガイドに挑戦したが、フランス語の原文原稿が出てきて戸惑う姿を見せて笑いを誘う。マリオネット人形の操り方を学ぶ時は、人形の操り方を子どもたちに教えようとするものの思い通りにいかない。すると、レオが人形を上手に操る姿を見せ、予想外のどんでん返しが起こる。そんな風に子ども達と接しながら見せる東方神起のいろんなリアクションも、見どころのひとつだ。
また、「CHECK THIS OUT」の撮影を通して、絵の実力とストーリー創作能力を発揮し、撮影スタッフを驚かせた東方神起。その絵本の初出版も予定されているため、期待はさらに高まっている。

童話プロジェクト「CHECK THIS OUT」は、(株)TSNETWORKと㈱GROOO PARTNERSが企画し、㈱TSNETWORK、㈱GROOO PARTNERS、㈱UNICORN LANDが共同制作した。

■公式サイト:https://jp.check-thisout.com/ (日本語)
■公式Instagram:@checkthisout.official
■公式Twitter:@CheckThisOut_o

 

2021.07.30

blank