VIXXが獲得した8個のトロフィーの意味

201503180747774643_5508af636e395

驚くべき成果だ。カムバックと同時にトロフィー7個をストレートで確保した。人気アイドルグループVIXXは、先輩グループR.efの90年代の名曲「別れの公式」をリメークして大成功の活動を繰り広げた。「コンセプトドル」で、ダークで神秘な雰囲気をトレードマークにしていくのかと思ったら、明るい雰囲気のうきうきするようなダンス曲でも強さを発揮して、また違う可能性を感じさせる。
2月24日に「別れの公式」でカムバックしたVIXXは、その後ケーブルチャンネルSBSMTV「THE SHOW」、MBCミュージック「ショー音楽中心」、Mnet「M COUNTDOWN」、KBS2TV「ミュージックバンク」、MBC「ショー音楽中心」、「人気歌謡」のトロフィーまで加えて、音楽放送1位を総なめした。
17日、VIXXは「今度の活動で音楽放送のトロフィーを7個頂いた」と明るくあいさつをした。この日の放送まで、1位を占めたトロフィーを加えて、今度の活動だけで合計8個のトロフィーをつかんだ。驚くべき成績をおさめた彼らは、このような結果を予想しただろうか。
「1位に対する負担はあったが、それより僕たちも明るい雰囲気の曲もうまく表現することができることをお見せしたいという思いが大きかったです。1位になってすごく嬉しくて幸せなのは当然で。ファンの方々と僕らの音楽を聞いてくれた方々が本当にありがたいです」(ラビ)
見せることができるイメージがまた一つ増えたということが、8個のトロフィーと同じくらい貴い。今までVIXXは独特ではっきりとしたコンセプトで「コンセプトドル」と呼ばれながら声援を受けた。しかしこのタイトルは、いつかはVIXXが越えなければならない山でもあった。

201503180747774643_5508af6234764

「今度の『別れの公式』の活動を通じて、僕たちができることをもうひとつ捜し出したような感じです。僕たちもこんな雰囲気の曲をよく表現できるか疑問ではあったんですよ。」
あまりにも曲が良かったことも事実。原曲のR.efの「別れの公式」は、1995年度に発売されて大衆の熱い人気を受けた曲である。しかしVIXXがあまりにも幼い頃に出た曲なので、原曲を歌った先輩歌手の R.efに対する情報はなかった。
「率直に申し上げれば『別れの公式』の歌は知っていたが、R.ef先輩はよく知らなかったです。この機会に直接お目にかかって話して近くなりました。曲の作業をする時もお目にかかり、曲の完成後にもお会いしたが、思いもよらない助言をたくさんしてくださってありがたく思っています。リメークした曲も喜んでくださったんです。」
VIXXは、R.efが歌った「別れの公式」を新しいスタイルで表現するために努力した。VIXXは原曲との違いを尋ねる質問に「愉快な雰囲気をそのまま維持しながら、今の世代が好む雰囲気を加えようと努力した」と言った。
今日(18日)を最後にVIXXは「別れの公式」での活動を終了する。引き続き韓国でのコンサートを進行して、日本と中華圏でも公演をする予定である。
「コンサートも期待してください、ぼくたちのステージを見て大いに楽しんでくださったらと思います。ファンのみなさんが借しみなく応援してくださったおかげで今度の活動も気持ち良く終えることができました。より発展したステージで報いたいです。」

2015.03.18

blank