キム・ジェウク&イ・ユンジ&ハリスら、‘2002韓国サッカー英雄’ユ・サンチョルさん死去に哀悼...“忘れられない思い出を作ってくれてありがとう”

「韓国サッカーの英雄」ユ・サンチョル前仁川ユナイテッド監督が、膵臓癌闘病の末他界したことで芸能界でも追悼が続いている。
2019年に膵臓癌4期を判定されて闘病してきた故ユ監督は、7日午後7時ごろ、ソウル市アサン(峨山)病院で死亡した。ユ監督は昨年6月、総合編成チャンネルJTBCのバラエティ番組に出演して「必ず乗り越えて運動場に戻れるようにしっかり治療する」として全快への意志を示したが、惜しくも死亡した。


故ユ監督の突然の悲報に俳優イ・ユンジは、自身のインスタグラムに「あなたを忘れません。ご冥福をお祈りします」と哀悼した。
俳優キム・ジェウクは「私の人生において、死ぬまで忘れられない思い出を作ってくれて本当にありがとうございます。ゆっくり休んでください」と悲しみを表現した。

放送人ハリスは「故人のご冥福をお祈りします」とつらい思いを表わした。
ユ監督は、2002年日韓ワールドカップのベスト4の神話の主役として活躍した。

2021.06.08

blank