歌手ガイン、新曲MV撮影で男性ダンサーがオールヌード「泣きたかった…」

歌手ガイン、新曲MV撮影で男性ダンサーがオールヌード「泣きたかった…」

韓国歌手ガイン(27)が新曲「Paradise Lost」のミュージックビデオ(MV)の撮影エピソードを公開した。

ガイン(Brown Eyed Girls)は9日午前11時、ソウル・タイムズクエアCGV永登浦(ヨンドンポ)にて開かれた4thミニアルバム「hawwah」試写会に出席し、「タイで『Paradise Lost』のMVを撮影した。男性のダンサーたちは皆、オールヌードだった」と明かした。続けて、「撮影前は正直、(MV撮影を)期待していた。しかし、実際に皆、脱いでいたからどうしていいのかわからなかった。本当に泣きたかった」と告白した。

またガインは「女性スタッフはとても楽しんでいた。MVもたぶん女性が好んでくださると思う。反面、男性スタッフたちは常に表情が良くなかった」と笑った。

ガインは今作で初めてダブルタイトル曲を見せる。一つ目のタイトル曲「Paradise Lost」はイ・ミンス作曲家とキム・イナ作詞家がコンビの作品で、雄壮なスケールと神秘さを持つ曲だ。

二つ目のタイトル曲「Apple」はヒットメーカー、パク・クンテ作曲家の曲で、誰でも一度は感じる「禁断の謝罪」に対する欲望を可愛らしく表現した作品だ。ジャズピアノとメロディが基盤のファンキーな曲で、ガインの声とパク・ジェボムのラップの調合が印象的だ。

WOW!korea提供

2015.03.09

blank