【時代劇が面白い】哲宗の即位/康熙奉の朝鮮王朝人物史25

貞純(チョンスン)王后は、垂簾聴政から引退した翌年の1805年に60歳で世を去りましたが、代わって実権を握ったのが安東(アンドン)・金(キム)氏の一族でした。この「安東」というのは、一族の流派を示す本貫(ポングァン)のことです。本貫はもともとは始祖の出身地をさす地名のことですが、そこから転じて同族を表す代名詞となりました。

文字が書けない王
安東・金氏の一族が純祖(スンジョ)の治世下で権力を掌握できたのは、一族の娘が純祖に嫁いだからです。その娘が純元(スヌォン)王后でした。
以後、安東・金氏は一族で要職を占め、政治を私物化していきます。このように、王の外戚が政治を取り仕切ることを「勢道(セド)政治」と言います。権力の独占は弊害が多く、収賄が横行するようになりました。
純祖も黙っていたわけではありません。彼は安東・金氏を牽制するために、豊壌(プンヤン)・趙(チョ)氏を対抗勢力に育てようとしました。その一族の娘が純祖の息子だった孝明(ヒョミョン)の妻になったからです。
孝明の成長にともなって豊壌・趙氏が安東・金氏を追い落とす勢いを見せたのですが、純祖のもくろみは1830年にはずれました。孝明が21歳で急死してしまったからです。
それによって豊壌・趙氏は勢いを失い、再び安東・金氏が息を吹き返しました。外戚に振り回された純祖は1834年に44歳で亡くなりました。


後継の24代王になったのは憲宗(ホンジョン)です。孝明の息子でまだ7歳でした。この幼さでは政治を行なえませんので、祖母にあたる純元王后が摂政を行ないました。
結果的に、安東・金氏による勢道政治がずっと続きました。
憲宗は祖母の言いなりになって独自性を発揮できないまま、1849年に22歳の若さで世を去りました。息子がいなかったので、後継者争いが混迷しましたが、純元王后が仰天の奇策を行ないました。没落した王族として田舎で農業をしていた18歳の若者を25代王に据えたのです。それが哲宗(チョルジョン)です。
彼は、漢字すらまともに書けなかったと言われています。そんな無学の青年を王にしたのは、純元王后が自分の思いどおりの政治を続けるためでした。勢道政治の弊害がここにきわまる、という感じです。
純元王后は1857年に68歳で世を去りますが、朝鮮王朝の政治を停滞させた張本人の1人です。
世界はまさに、激動の時代を迎えていました。欧米列強がアジアに進出する中で、朝鮮半島も激流に呑み込まれようとしていたのですが、朝鮮王朝は「相変わらず旧態依然」といった状況でした。

王という自覚がないままに自堕落な生活に溺れていた哲宗は1863年に32歳で絶命します。相変わらず政治を牛耳っていた安東・金氏は、自分たちの操り人形になりそうな人物を王にかつぎました。それが26代王の高宗(コジョン)です。
しかし、安東・金氏のもくろみは、もろくもはずれました。高宗の父であった興宣大院君(フンソンデウォングン)が非常に有能で、巧みな政治手腕で安東・金氏を政権の要職から次々にはずしたのです。
こうして、約60年間も続いた勢道政治は終わりを告げました。

文=康 熙奉(カン・ヒボン)
提供:チャレソ
http://chaleso.com/

 

朝鮮王朝の建国/康熙奉の朝鮮王朝人物史1

王子の乱/康熙奉の朝鮮王朝人物史2

太宗の時代/康熙奉の朝鮮王朝人物史3

正祖の時代/康熙奉の朝鮮王朝人物史23

貞純王后の暗黒/康熙奉の朝鮮王朝人物史24

2021.06.03

blank