EXO、2度目の単独コンサート開幕! 初日公演で涙を流した理由とは?

¿¢¼Ò, '·çÇÑ, Å©¸®½º Å»Åð ÈÄ Ã¹ 10ÀΠüÁ¦'EXOが8日、ソウルオリンピック体操競技場で、単独コンサート「EXO PLANET #2 - The EXO’luXion - in SEOUL」に先駆け、記者会見を開いた。

今回の単独コンサートで、アイドル初のオリンピック公園体操競技場5公演を開催することについて、スホは「僕たちもこの会場で、昨年コンサートをしたし、先輩たちのステージもたくさん見てきた」とし、「多くのファンの皆さんが愛してくださったので、今回5公演を行えることになったのではないかと思う。本当に感謝している」と語った。

続けて「SM TOWNの先輩たちが、これまで頑張ってくださったおかげで、僕たちに良いチャンスが巡ってきたのだと思う。コンサートで最高のステージをお見せしたい」と意気込んだ。

また、昨日の公演初日、涙を流したことについて、チャンヨルは「昨日、泣かないようとしようとしていた。ファンの方の前では常に笑顔でいようと思っていたが、これまでいろいろな出来事があった」とし、「ファンの皆さんの顔を見ながら、アンコール曲『約束』を歌っていたら、泣きそうになった。最後にファンの皆さんがスローガンを掲げて、“ありがとう、ありがとう”と叫んでいたので、すごく感動して涙が出た。今朝、目が腫れていて、きょう心配ではあるが、それでも楽しくできると思う」と明かした。

続けて、チェンは「『約束』はメンバーが参加して出来上がった曲。ファンの皆さんに感謝するという内容で、僕も初めてファンの皆さんの前で泣いたと思う」とし、「きょうは絶対に泣かない。さらに進化し、10人それぞれの個性を感じることができるステージを楽しんでほしい」と伝えた。

EXOは7日と8日、13日から15日までの5日間、アイドルでは初めて、体操競技場5公演という記録を打ち立てた。

今回の公演のタイトル「EXO’luXion」は、EXOとRevolution(レボリューション)、そしてメンバー10人を意味するローマ字Xを組み合わせた言葉で、新たなツアーに乗り出す覚悟を表現した。

2015.03.08

blank