「コラム」兵役はヒョンビンをどう変えたのか(特別編・後編)

写真=tvN『愛の不時着』公式サイトより

ヒョンビンが兵役中に強調していたのは「自分を一度見つめなおす」ということだった。忙しく仕事を続けていると、日々が流されていき、どうしても自分の立ち位置がわからなくなってくる。それは、誰もが経験することなのだが、ヒョンビンの場合はどのように考えたのか。

経験を積むこと
ヒョンビンは原点に立ち返ろうとした。
その前に、彼は俳優という仕事を改めて考えた。
言うまでもなく、俳優はヒョンビンにとって一生の仕事である。
彼は、これからも幅広い役にチャレンジしていかなければならない。
そのために必要なのが、多様な人生経験だ。
こうした経験が不足していると、見せ掛けの演技になりがちで、目が肥えた観客にいっぺんに見抜かれてしまう。
それは、俳優にとって、絶対に避けたい屈辱なのである。
そして、多様な人生経験の一つが海兵隊への入隊だった。あえて志願して一番厳しい部隊に入った。
彼はこう言っていた。
「海兵隊で落伍したとしても、後悔はしたくないのです。やらないで後悔するよりは、やって後悔したほうがまだましじゃないですか」


「私がしている仕事は経験を積むことが大事なので、軍隊で過ごす経験が後でとても生きてくると思います」
彼がこう語るように、兵役中の経験はヒョンビンを大きく変えた。彼は厳しい訓練の中で、改めて俳優に対する情熱をすこぶる高めたのだ。
こうしたことを新たに兵役入りする韓流スターたちが聞けば、きっと大きな勇気をもらえるだろう。
まさに、兵役を語るヒョンビンの言葉は金言ばかりだった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
提供:ロコレhttp://syukakusha.com/

 

兵役はヒョンビンをどう変えたのか(特別編・前編)

ヒョンビン人気で再び脚光を浴びた『シークレット・ガーデン』

『愛の不時着』で軍服を脱いでソウルに行ったヒョンビンに魅せられた!

ヒョンビン主演『愛の不時着』はどこで撮影されたか

韓流スターが自ら代表作を熱く語る3(ヒョンビン編)

2021.05.27

blank