飲酒運転で接触事故のリジ(元AS)、過去のインタビュー内容が話題 「飲酒運転を見つけたら通報…情けない」


韓国ガールズグループ「AFTERSCHOOL」出身リジ(28)が飲酒運転で接触事故を起こし立件された中、過去のインタビューで発言したリジのコメントが注目を浴びている。

2019年、リジはtvNドラマ「ブッとび!ヨンエさん シーズン17」終演後に実施されたある韓国メディアのインタビューで「人の基本的な道理に反する姿は絶対に見過ごすことができない」とし、飲酒運転について話した。

このインタビューでリジは「もし一緒に酒の席にいた知人が飲酒運転をしそうになったら、自らすぐに『運転代行を呼ばなければならない』と注意する」とし、「わたしが代わりに運転代行会社に電話する」と言及。

また、リジは「飲酒車両を見たら、すぐに通報する。2次被害を防ぐためにも…」とした上で、「ほかの何よりも腹が立つ。運転代行の2万ウォン(約2000円)で安全に帰ることができるのに。自分の大切な人生を投げ捨てることも情けないし、事故を起こして他人に被害を与えることも、とても嫌だ」と明かしていた。

リジは18日午後10時12分ごろ、江南区チョンダムドン(清潭洞)の永東大橋付近を飲酒状態で運転していたところ、前を走っていたタクシーに追突する事故を起こしたと報じられた。現場に出動した警察が飲酒測定をおこなった結果、リジの血中アルコール濃度は免許停止水準だったという。

WOW!Korea提供

2021.05.19

blank