キム・リウルデザイナー、BTS(防弾少年団)の韓服スーツについて語る…“Big Hitから連絡がきた。韓服やハングルを知らせたい”

キム・リウルデザイナーが「ビデオスター」で韓服の美しさを伝えた。
4日に放送されたMBCevery1「ビデオスター」には、キム・リウルデザイナーが出演して大韓民国の趣について多彩なトークを展開した。
キム・リウルデザイナーは、韓服の生地で現代的なスーツを作って注目されている。彼は初めて服を作り始めた5年前からほとんどのお客に服を協賛するという方法で韓服スーツを知らせている。


特にBTSのジミン、SUGA、J-HOPEが「ジミー・ファロン・ショー」出演当時に着た韓服スーツがキム・リウルデザイナーの作品だと知られ、世間の関心を集めた。

キム・リウルは「直接連絡がきた。秋夕(旧盆)特集で『演歌の民族』で(スーツ韓服)100着を作っていた時に、Big Hitの方から連絡がきた」として「私がこれまで持っていたものを送った。舞台にふさわしいコンセプトを選択して追加でスタイリングした」と説明した。
彼は「K-POPを通じて韓国文化に接した外国人が、自然に韓服、さらにハングルにも関心を持つようにしたい」と抱負を明らかにした。

2021.05.05

blank